なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば」@中華そば えど家の写真3月某日、昼、本日は娘2号の長野での進学を前にオリエンテーションの送り迎えでまたまた長野入り。単独昼ラーに「つけそば専門店 極一」に突撃した後、連食突撃したのはこちらの店。

いつかの地元放送局の特集で観たこちらの「中華そば」が何だか美味そうでチェックしていた店。兎に角情報のほとんど無い店であるが、テレビでやってた昔ながらと言う「中華そば」が兎に角美味そうだった。

13:40着、先客4名、カウンター席に着座、後客無し。取りあえず券売機(メニュー写真)にてこちらのデフォと思しき‘中華そば’(600円税込)をプッシュし、二代目と思しき店主に食券を渡す。「水はレモン水です」と言う事でサーバーからセルフでセットし、啜りながらスタンバる。

店主は1人で回している。何でも50年以上続いていた「えど家食堂」から二代目店主への世代交代を期に「中華そば えど家」に特化した店だと言う事。券売機の基本メニューは「中華そば」「鶏塩そば」そして「鶏白湯らーめん」の3系統。そこに月曜日~日曜日まで毎日日替わりの限定がある。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ノリ、スライス紫タマネギ、刻みネギが、醤油スープに乗っている。

スープから。油浮き少な目のスープはガラだしでのあっさりとした動物系の旨味がじわじわと染み出て来る感じ。我が駄舌ではあまり魚介感は拾えない。合わせられた醤油のカエシは柔らかな醤油のコクとまろやかな味わいがあり、うっすらとた野菜の甘味がフォローしている。飽きの来ないどこかほっとする味わいのある醤油スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。ちぢれに優しい醤油の味わいが乗って来る。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラロールチャーシュー。肉質感のある歯応えがあり、薄醤油ダレの滲みてなかなか美味い。メンマは薄甘醤油ダレの味付け、柔らかコリコリ。カイワレのプチビターさが醤油スープの合う。ノリはやや磯風味が希薄、スープに溶けるのが早い。スライス紫タマネギの甘味のある薬味感がイイ感じ。刻みネギの薬味感もまずまず。

スープは少しだけ残し。今年になって観た地方局でのラーメン特集に出ていて気になっていたこちらの店の「中華そば」。それはあっさりとした優しい動物系の旨味に、これまた優しい醤油のカエシを合わせたどこかほっとする味わいのある中華そば。連食後でもスルッとイケる味わいは、呑みの後にも最適だと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。