なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【数量限定】特製つけ麺(並)」@中華そば こむぎの写真6年ぶり

前日神奈川で二郎系を挟んで3杯,東京で1杯と,爆食いした翌日は越谷二郎開店日。
ダメ元で抽選に行くと3倍以上の競争率を乗り越え,引き当てることができた。
12:30からの部だったのでちょっと助走をと,こちらに来てみた。
開店して間もない頃来たきりなので,実に6年ぶりである。
開店時は10名以上の並び。
相変わらず人気のようだ。
(塩も醤油もいただいてるんだよな。どちらにしよう……。)と思って入ったが,券売機を眺めると数量限定の「つけ麺」のボタンが生きている。
950円はちょっと高いと思ったが,未食メニューをと思い迷わずプッシュ。
並の麺量は220g……この後二郎があるから並で十分だね。
券を渡してから5~6分で提供されたのは,価格にふさわしくたくさんの具が美しく盛られた麺と,グラグラと煮立ったつけ汁。
おっと,石焼き?これは意外だった。

麺は自家製の中細微ウェーブ。
小麦の殻のような斑点が見える。
滑らかな麺肌,噛むと湧き立つ豊かな小麦の旨味,ハーブっぽい香りは何だろう。
最初は水切りが悪いのかと思ったが,どうやら少量の冷たい出汁に浸っているようだ。
薀蓄がたくさん書かれている。
「北海道産中力粉,国産準強力粉とローストした胚芽を加え,風味とモチモチ感をひきだし,コシの強さを求めカナダ産強力粉とデュラムセモリナ粉を加えた」麺とのこと。
また,「冷やした,羅臼昆布,鯖節,鰹節の一番出汁」を絡めているとのことで,出汁には昆布だけでなく魚介も加わっているようだ。
麺だけでもかなりの手間がかかってるね。
次に,グラグラと煮立つつけ汁につけ汁に浸けてすすってみる。
つけ汁はメチャ熱いのだが,麺がキンキンに冷えているので,すするにはちょうどいい塩梅。
すすった途端,衝撃が走る。
何だこれ。
情報なしでは解析できないような複雑な旨味が口の中を満たす。
濃厚?淡麗?醤油?味噌?動物は強いけど魚介も強い。
甘味もあるが,それがまた丁度いい。
改めて薀蓄を読むと,「国産鶏がら,国産丸鶏,数種の野菜を加え12時間炊き出した,鶏出汁と北海道産真折昆布,枕崎産鰹節,長崎産あご(飛魚の煮干し),瀬戸内産いりこ,熊本産サバ節,さんま節からの魚貝出汁を合わせたスープを国産合鴨の小肉,切り落としチャーシュー,きざみネギを,熱々の石鍋に注いでからにほんいち醤油で仕上げた醤油かえしを入れて提供させていだきたいます。」とのこと。
読むだけでも疲れるが,要するに,厳選素材を使った鶏と鴨,魚介の醤油つけ麺なのだ。
加熱したことと,細かになった肉類が麺に絡むので,濃厚な感じがする。
味噌のような発酵臭もあるが,それは醤油由来なのかな。
とにかく複雑,そして,これまで味わったことのないような旨味。
それだけでも価値があるね。
具は,浸け汁にはクラッシュされた肉類と万能ねぎ,麺側には,海苔,白髪ねぎ,炊きねぎ,ほうれん草,三つ葉,数種のチャーシュー。
丸太状の焼ねぎも,つけ汁に浸けて味わうのも楽しみの一つ。
チャーシューにも薀蓄が……。
「国産の合鴨ロース肉を4時間65度の出汁で炊き上げた合鴨肉」,「昆布で下味をつけ低温のオーブンで蒸し焼きにした鶏チャーシュー」,「塩胡椒,ガーリックで味付けし,炊き上げた鶏チャーシュー」,「にほんいち醤油のたまり醤油で味付けした,美明豚バラチャーシュー」だそうだ。
いやはや,名店の周年限定のような気合の入れよう。
どれもこれも絶品だが,出汁に浸ると水っぽくなるので,それだけは気を付けないと。
麺量220gはけっこうある。
スープ割をお願いし,完飲。
最後まで熱々だった。

いや驚いた。
薀蓄は非常にうるさいほどだが,それに見合ったクオリティー。
逆に薀蓄がないと,この味は理解できないかも。
950円?安いんじゃない?
塩も醤油も美味しいが,この数量限定メニュー,必食だと思う。
二郎いただく前の助走で,こんな美味しいのいただいてよかったのだろうか……。


次へ。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

おはようございます☆

かなり手間のかかった一杯ですね。
石鍋のつけ汁とは恐れ入ります。
熱々ぶりが画像からも確認出来て興味が湧きます。
今夜から京都への夜行なのでRAMENOIDさんの先日のレビューを見つつ麺活出来ればと思ってます!

ノブ(ぼちぼち) | 2019年3月15日 08:01

こんにちは。

石焼きにするにはそれなりの理由があるのですね。
素材へのこだわり、半端でないですね。

glucose(また一時休止) | 2019年3月15日 08:23

おはようございます(*^^*)

私も6年ご無沙汰です。
当時は大和麺学校が脚光を浴びてましたよね。
塩はウマウマ、醤油は響かなかった記憶です。

としくん | 2019年3月15日 08:32

二郎前哨戦はこちらでしたか。
蘊蓄は読むのも大変ですから書くのはもっとなことでしょう。
濃厚ながらも複雑な味わいなんですね。二郎のことは忘れてフルバーストで食べたいな

さぴお | 2019年3月15日 10:46

こんにちは。
二郎の待ち時間にナイスな麺活ですね!私は二郎とこちらを連食はしないと思いますが、こちらはこちらで覚えておきます^^越谷はそんな遠くないですしね♪

poti | 2019年3月15日 11:41

こんにちは
私も開店当時伺ったきりなので6年お邪魔していませんが
色々進化しているんですね。
複雑な旨みのつけ汁と、こだわったチャーシュー味わってみたいですね。

mocopapa(多忙) | 2019年3月15日 16:45

こんばんは
自分が行った時にデフォを食べて全然響かなかったんですよ。
これは良さげですね^ ^
二郎の前にもう一杯挟むんですよね。
助走だけで疲れてジャンプ出来なくなりそう^ ^

あらチャン | 2019年3月15日 18:09

思わぬ伏兵が凄かった様ですね。
驚くほどの食材と手間をかけての、
混然一体としたつけだれの旨味とは、
とても気になります。

おゆ (ゆるりと) | 2019年3月15日 18:56

わんばんこ! 

この地域はRDBではたいして脚光を浴びないですが、良いお店が案外有りますよね 
他県のレビュアーも可能なら色々遠征してみると初訪とは違う印象を受けるかと思うので数年ぶりに訪問するのってイイかと思いますw
僭越ながらとても良いレビューですね

ふじみ野1stさん | 2019年3月15日 20:52

こんばんは.
1stさんさんにほめられてますね.いつもながら良いレビューですよ.

Paul | 2019年3月15日 21:05

こんばんは~
越谷はついつい通り越してしまいます(^^;)
こちらはブックしたのでいずれ越谷攻めをしたいと思います♪

銀あんどプー | 2019年3月15日 21:48

こんばんは〜
こちら知りませんでした、思いっきり無知で恥ずかしい…
越谷なら全然行ける範囲なので伺ってみようと思います(^^)

がく | 2019年3月16日 02:03

RAMENOIDさん、
今まで味わったことのないようなつけ汁なんですね。
これは食べてみたいです。
しかし、二郎に行くのがわかっているのに220gの助走とは...

まなけん | 2019年3月16日 06:43

こんにちは。
石焼効果がいいんじゃないでしょうか。
薀蓄からもこだわりが伝わりますね。

kamepi- | 2019年3月16日 08:02

こんにちは

納得の一杯だったみたいですね。
アツアツのつけ汁もいいですね。
こだわりの肉たちも堪りませんね。

ももも | 2019年3月16日 12:23

こんばんわ~

コッチ方面は課題店も多いんですが同じ埼玉でも遠いんで行けてませんw
てか、自分も始発バスに乗って武蔵野線で黄色い看板のお店に向かったんですが7時前で凄い事になっているって情報を貰って断念ww
当初の予定通りの所沢にイベントに参加、ラーメンにお蕎麦、明石焼きと楽しみました♪
武蔵野線で戻ってきた時、南浦和の立ち食いそば店でセットメニューを食べたのはSDBにアップ済みですw(笑)

バスの運転手 | 2019年3月16日 20:05