なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「冷やしつけ麺(880円)」@つけ麺 目黒屋の写真もとのとも』で食べた後、オイラも同行者も行った事のないお店に行くことに。

で、同行者贔屓の必勝軒の一番弟子さんのお店。

オイラも前からずーっとBMしていたお店。

ようやく伺えました。

最寄り駅は長閑なベッドタウンのようになっていて駅から徒歩でも5分とかからない場所。

すんなりとお店に到着。

店頭にメニューがあるが、これが結構複雑。

色々とたくさんのメニューを提供しているようだけど、なかなか一見さんではメニューを把握し難いですね。

とりあえず代表的なものを頂く事にしました。

掲題のチケットを入り口右手の券売機にて購入。

先客は3名。店主さん一人で切り盛り。

なかなか厳つい顔。言葉遣いもぶっきらぼうで昔気質の職人気質な感じがします。

お客さんを楽しませる修行先の『必勝軒』の小林店主とは性格が正反対のようです。

週一で限定とかもやっているようですし、ラーメンに並々ならぬ情熱が注がれている事は理解出来ますね。

夜21時くらいなので、ラーメン屋で飲みなおしながらラーメンをというお客さんもいらっしゃいますし、次々とそういうお客さんばかりが入ってきますね。

貰ったオーダーは入念に準備をしてからまとめて一気に作るタイプの方のようです。

少しテンパっていらっしゃいますが。

そうこうするうちにモノが高台へ。

まずはつけダレから。

つけダレはいわゆるさほど炊き込んでいない豚骨魚介スープ。

その為、粘度はほとんどなくサラリとしたタイプ。

かなり甘みが付けられていて昔の大勝軒のつけダレを思い出す。

魚介の風味は魚粉にて香り・旨みを補正しており、その為口の中がザラザラ。

カエシの醤油感も活きていて、ダシ感よりも醤油と砂糖の甘じょっぱいイメージが先行。

続いて麺。

麺は自家製の太麺ストレート。

修行先と違い、小麦粉の表皮部分も多く配合されたモノで製麺している。

その為、小麦粉の香りが高い。

常温の水で〆られており、茹で加減、ぬめりの取り具合、温度感良いですね。

卵白の配合とかはこちらの方が少な目かな。

修行先ほどプリっと弾ける様な弾力はなく、麺肌も粗目で麺との絡みを重視しているように感じる。

麺単体では個人的には『必勝軒』よりも好み。

具材。

チャーシュー2種、ネギ、メンマ、小松菜。

チャーシューは大判の豚肩ロース。

写真では見えないが、つけ丼の底にちょうどハマるような形で沈んでいた。

冷凍モノで血の塊が大判の肉の中央に固まり臭みが出ていた。

もう1種類は鴨の胸肉が1枚。燻製にしているタイプ。

こちらは既製品ですね。燻製液の化学調味料の味がしていた。

メンマは必勝軒よりもやや甘め。



麺量そこそこで好みでもあったけど、つけダレが好みではなかった。

具材もイマイチ完成度良くない。

値段の割にはという感じだったけど、同行者が食べていた限定は美味かったので、次の機会があれば別のモノを。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。