なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺850円」@麺や維新の写真つけ麺戴きました。
麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある自家製麺で、平打ならではの喉ごしが楽しめ歯切れの良さから啜り心地とつけ汁との絡みで生まれる幸せを感じさせてくれる好みの麺です(麺量:茹で前220g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感超微アリな清湯醤油味で、出汁の比内地鶏の旨味とカエシのバランスが非常に整ったこの手の清湯醤油味によく見受けられるオイリー思考ではない旨味重視のつけ汁に仕上がっています。
具は材木太メンマ2本と低温調理されたレア感のある豚肩ロース叉焼1枚と三つ葉とスダチ半分が麺の上に飾られ、粗く笹切りされた長葱がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の表面を薄っすら琥珀色に染め上げ比内地鶏の旨味と共に美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に薄黄色した鶏スープが注がれ、陶器製の店名の入った白い蓮華で三つ葉や長葱と共に美味しく戴けました。
お店は女性お一人様でも気兼ねなく入店できるシックな雰囲気の店内で、使用している食器もシンプルながら斬新で比内地鶏の清湯醤油味を久し振りに堪能できました。


スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9323231.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。