なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製100%煮干つけ麺(1000円)∔しめご飯(150円)」@煮干し豚骨らーめん専門店 六郷の写真【2019.5.29再訪】
相模原駅方面へ所用で出かけたこの日、久しぶりに煮干濃度抜群のこちらの店で食べる事に。
12:00ちょうどくらいに店到着。昼休み時間が丁度始まろうというタイミングでしたが、何と店内は既にほとんどの席が埋まっていました。唯一空いていた席に座る事が出来たのはラッキー。
蒸し暑かったこの日、つけ麺も捨てがたいな…何て考えていたわけですが、いつの間にか券売機につけ麺メニューが加わっていますね!飛びつく私。「特製100%煮干つけ麺(1000円)」と「しめご飯(150円)」の食券を購入。店員さんに渡してしばし待ちます。「しめご飯」だけは、麺を食べ終わる頃に声掛けして券を渡すと作ってくれます。待つことしばし。

この日はまだ食べ始めていないお客さんが多く、ちょっと待たされました。それでも10分少々で私のつけ麺が到着。麺は二玉使っていました。結構な量です。
麺は水に浸かった状態で出てきます。麺を干からびさせない配慮でしょう。その麺は、温かいらーめんメニューで使われているものと同じなようです。先述の通り二玉使っています。もともと麺量が多い店ではないのですが、食べた感覚では恐らく茹で前250gくらいではないかと思います。
その麺をつけ汁につけていただいてみると、店員さんの言う通りアツアツのつけ汁です!本当に気を付けないと口の中を火傷しそうなほど。“煮干100%”と言うことは、動物系出汁を一切使っていないのでしょう。それでも物足りなさは感じません。ちょっと不思議な甘みを感じるつけ汁。暑い季節にはつけ麺が旨いですね。レッドオニオンのみじん切りも相性良く、シャキシャキした食感が良く、そしてつけ汁を良く落ち着かせています。煮干濃度もしっかりしていますが、つけ汁にすることによる宿命なのだと思いますが、温かいらーめんに比べると凄まじい煮干感は出ていません。そこがちょっと拍子抜け残念でした。麺はストレート細麺。このつけ汁にも良く合います。
チャーシューは冷製のロースチャーシュー。スライサーで極薄にスライスされています。こいつはつけ汁の熱をあまり通し過ぎないうちにいただくのが美味しい。最近のラーメン店のチャーシューはとてもレベルが高くなっていますね。

麺を食べ終わり、しめご飯をいただきます。
つけ汁を茶碗にかけていただくわけですが、その際にサービスの辛子高菜と一緒に食べるのが私のお気に入り。この高菜、結構辛いです!でも少々甘めのつけ汁に馴染むとちょうど良い感じになります。さらに山葵を和えるのも悪くない。

つけ麺もなかなかハイレベルです。暑い季節にはちょうど良いですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。