なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「梅と煮干つけ麺・大盛(850円)」@麺屋 ちょこざいの写真この日の2軒目。『元祖旨辛系タンメン 荒木屋』で食べた後、少し時間を潰してこちらへ。

ここ最近よく目にするようになってきたこのお店。

BMしてからすぐの訪問。

13時くらいというゴールデンタイム。先客1組という寂しい感じ。

入り口を入ると右手に券売機。

このお店の名物だという掲題のチケットを購入。

厨房側のカウンター席端に座る。

つけ麵は大盛と特盛が無料との事だったが、特盛はキツイので大盛りでお願いする。

店主さん一人での切り盛り。

5分強でモノが高台に。

まずは麺から。

麺はカネジン製の中太ストレート麺。

茹で加減、〆具合、温度感良し。ただ、水切りは少しあまい。カネジン製特有の麺の香り。

表面ツルツル。弾力のある麺。

続いてレンゲの上の梅のエスプーマ。

店主さんからはどうやって頂くかの講釈は無し。

それまでの特殊なラーメンの経験値がこの一杯の食べ方を決める。

この梅のエスプーマは酸味がやや強め。甘味はほんのり。

麺に纏わせて頂いたり、纏わせたものをさらにつけダレに浸したり。

なかなかの粘度があるので、つけダレに浸しても麺から離散することなく楽しめる。

ただ、エスプーマの大半は空気なので、時間が経つと液状に戻ってしまうため、早めに頂く必要がある。

つけダレ。

鶏豚魚介のトリプルスープに煮干しを合わせたとのウンチクがある。

動物系スープも長時間炊き込んだタイプのモノではなく白濁弱め。

粘度もほとんどなくサラリとしたモノ。

煮干しはハラワタを処理した旨みのみといったタイプのスープではなく、丸ごと煮干を使ったようなしっかりと苦み、エグミも残したモノ。

鶏豚魚介が消えてしまうくらいに煮干しの存在感が強い。

粘度があまり無いために梅のエスプーマを纏わせた後につけダレに浸してもしっかりと梅のエスプーマの上からつけダレがコーティングされている。

この粘度の差を利用した特殊な食べ方はよく計算されている。

具材。

チャーシュー、梅のエスプーマ、メンマ、のり、カイワレ、柚子皮。

チャーシューは肩ロース。

大判の1枚を半分にカットして2枚にしたモノ。

塩梅良く、火の入り加減も良く美味い。

メンマは飾り程度。

柚子皮もみじん切りにしたモノが5カケくらい。

この程度の量では味変にはならない。




和食で鰯の梅煮というものもあるし、合わないものではないんだろう。

ただ、好んでは食べないだけ。

煮干しの苦みとエスプーマの酸味。

口の中で魅力的な化学変化でも起こすのだろうか、との期待からこの一杯をオーダーしたが、特段感嘆したわけでも、落胆したわけでもなかった。

感想はまあ、こんな感じかな、という極めて愛想のないモノ。

梅が嫌いな人は梅抜きというのも券売機のボタンにあったので、試してみると良いかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。