なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「湯麺(680円)」@餃子の店 おけ以の写真東京のタンメン有名店を巡る旅。

仕事休みのランチタイムにこちらに伺いました。

こちらはランチタイムの営業時間がかなり短く、早めに訪問する予定でしたが、予定がずれ込み12:05の訪問。

それでもこの辺りのラーメン屋通りの中では一番行列が少なく、外待ちが3名。

5分強で店内へ。

中は周辺のビジネスマンが多く、テーブル席も相席が当たり前のような状態。

オイラもご多分に漏れず相席。

忙しい為、お客さんが帰った後の丼もそのまま放ったらかしの状態が結構長く続くといった状況。

ホールスタッフはおばちゃん2名でてんやわんや。

折を見て掲題のモノをオーダー。

ガタイが良さげだからか「それだけですか?」なんて。

まあ、餃子のお店だしね、餃子もオーダーして欲しかったんだろうけど。

オイラは連食予定なんです!!

で、席に座ってから15分くらいでモノが登場。

まずはスープから。

麺顔は色味の濃い野菜は入っておらず、全体的に白っぽい印象。

スープの色味も薄っすらと白濁しており、炒め油はほとんど表面には浮いていない。

掬って飲んでみると塩味がほとんど付けられておらずベースのスープに近い味。

課長さんもほとんど使われておらず、淡泊なスープ。

したがって、旨みらしい旨みはベースのスープと炒められた野菜からの自然の甘味という事になるわけで。

塩味、課長の旨み、野菜の甘味、いずれもインパクトに欠けていて、この優しすぎる塩梅は正直物足りない。

忙しくて味付けの調整が出来なかったのかな、と思いきや過去のレビューにも優しすぎる味との表現をされた方がいらっしゃるので、このお店の味付けはこれで正解なんだろう。

卓上に塩があったとすれば結構な量を入れていたかもしれない。

続いて麺。

麺は平打ち気味の太縮れ麺。

茹で加減はややヤワメでモッチリとした食感。

薄い塩梅のスープではあったが、意外にもレンゲで飲んだ時の印象とさほど変わらずだったので、絡みは悪くなかったという事かも。

具材。

白菜、もやし、玉ねぎ、豚コマ。

炒め加減はシャキ感とクタ間の中間くらいでちょうど良い。

豚コマも野菜と一緒に煮ていた為に、味が抜けていて旨みがスープで出てしまったものだろう。



餃子のお店であるけどタンメンも美味い、との評判であったが、この一杯は微妙なところ。

改めてタンメンとは作り手で色々と味の変わる面白い麺であることが確認できた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。