会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺780円」@麺場らせん -RASEN-の写真つけ麵戴きました。
麺は平打極太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麵製で、真ん中部分が膨らんだ断面が楕円状のパスタのリングイネに似た喉ごしを求めるよりも小麦風味を楽しみ歯で確り噛み麺自体の弾力を確認しながら楽しめる麺です(麺量:茹で前250gで腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感微アリな粘度弱アリな鶏白湯で、大山鶏の濃厚な白湯にエビが仄かに香るつけ汁にまとめられています。
具は穂先メンマ1本と甘めの燻製風味が香る若干レア感のあるカットされた肩ロース叉焼4・5枚と青葱がつけ汁に忍ばされ、海苔1枚が麺の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打極太麺に青葱と共につけ汁が満遍なく絡みジュル・ジュルジュルっと噛み締めながら啜れました。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ、プラスティック製の赤茶色した蓮華で濃厚な鶏の旨味を感じながら美味しく戴けました。
お店は西武池袋線の東長崎駅北口からすぐの立地の良い路地に佇んでいて11時半の開店と共に次から次へと来店客がありましたが、鶏白湯と燻製風味の叉焼の甘味が口内を支配してしまうので卓上アイテムとして胡椒とは別に「一味唐辛子」が欲しいところでした。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9355220.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。