なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製醤油らーめん」@麺屋 さくら井の写真猛暑の中、外待ち3名に接続。10分程度で入店。

初訪なのでデフォの醤油らーめんをチョイス。席に着いてからも、しばらく待たされていたが、店主らしき若者が客と喋べり続けていたのが気になった。夏休みの遊びとかプライベートな話をヘラヘラと、いつまでも。狭い店舗の為、その声は否応無しに聞こえてくる。待ってんだから、早くしろよとイラつくのは俺だけではない筈。人気店のいわゆる殿様営業か。

ようやく、御対面(麺)となって、すぐに目についたのは低温調理チャーの赤身である。これ火が通ってねーだろというくらい赤い。以前に麺処ほん田で食したチャーシューと色も厚みもそっくりだ。不安が先行し、しばらく、スープに沈めておこうと考えたが、枚数が多いのでスペースを開けるべく1枚だけ吟味することにした。え?旨い。超柔らかい。ぜんぜん筋ばってない。そして、ジューシー。ほん田のチャーシューよりずっと旨い。

琥珀色のスープは鶏旨味を濃縮したようなコクと魚介出汁が調和した淡麗系。醤油は極めてまろやかで香りがいい。鶏油が多いように見えたがクドくないし、めっちゃクリアだ。マジで美味しい。

低加水の中細ストレート麺は、美肌でツルツルでありながらスープとの絡みも良い。歯ごたえも絶妙だ。

スープに沈めておいた豚ロースは、ますます美味く感じる。ほうれん草も嬉しい。

しかし、鶏胸肉チャーは柔らかくはあったが旨味は感じなかった。メンマもイマイチ。

とはいえ、この醤油らーめんのクオリティーは凄かった。食べる前は、チャラそうな店主のことをレビューでボロクソに書いてやろうと思っていたが、あいにく、このらーめんは美味すぎた。悔しいが、今の若者はスゲーなと感心した。天才か?あのチャラ男。

このクオリティーなら殿様営業になっても仕方がねー。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。