なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシュー麺 +味玉:サービス券」@豪堅ラーメンの写真8月某日、昼、本日は山の日、午前中、明日の迎え盆を控えて帰省している娘1号、2号と一緒に近くにあるお墓の掃除。その後、昼飯にはラーメンを食おう、という事で突撃したのはこちらの店。

こちら昨年秋にコンビニ跡にオープンした店で、松本市「丸正醸造」の特注醤油を使用すると言う京都ラーメンインスパ?のラーメン店。過日の新聞別紙の「味玉サービス券」があるからしてここは有効に使わせてもらう。

12:45着、先客20名以上、三人してカウンター席に着座、後客15名くらい。取りあえずメニュー表チェック、私と2号はチョイと気になる‘チャーシュー麺’(820円税別)を、1号は限定の「冷やし担担麺」にキメ。そして一組全員が対象となるサービス券で「味玉」をそれぞれトッピする。

厨房には4~5人ほどのスタッフ、全員白シャツに身を固めたにーさんたちは威勢が良くて元気がイイ。メニュー表を眺めながらスタンバる。夏メニューと思しき、先の「冷やし担担麺」の他にも「塩柑橘そば」がラインナップされている。昼時なので次々と来客があり、しっかり周辺客には認知されている模様。そして待つ事15分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー5~6枚、メンマ、刻みネギ、そして半味玉2個が、背脂の浮く醤油スープに乗っている。15メニュー写真の様な大輪の花の様なチャーシューでは無いぞ。

スープから。粗めの背脂の浮くスープは、初訪時に食った「特製醤油ラーメン」と同じで、ガラだしのあっさり目の清湯スープで、すっきりとした動物テイストが感じられる。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は例によってやや高めで、醤油感のある濃口醤油のコクと味わいが味わえる。あまり課長の主張が無いので、スッキリとした醤油感が味わえるのがイイ。なかなか美味い醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。普通に美味い麺である。

具のチャーシューは薄切りの豚ロースチャーシュー。薄切りながらもなかなかデカく、薄味付けで豚肉の旨味が味わえる。好みの脂身もジューシーで実に美味い。敷き詰められているが、メニュー写真の様なはみ出し感が無いのがチト期待外れ。メンマは薄醤油味付けの柔らかサクサク食感で普通に美味い。刻みネギは青ネギでフレッシュなネギ薬味感が出ていてイイ。味玉は薄醤油の味付けが滲みていて美味い。

スープは少しだけ残し。盆休みの昼ラーに帰省して来た娘たちと昼ラーに突撃したこちらの店での「チャーシュー麺」。それは地元松本の「丸正醸造」の醤油の素朴な醤油感が味わえる醤油スープに、薄切りのなかなかジューシーな豚バラチャーシューが敷かれたチャーシュー麺で美味かった。ただ、メニュー写真の様な大輪の華の如くのチャーシューでは無く、全体的にボリューム感を見いだせなかったのがチト残念だった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。