なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌」@豪堅ラーメンの写真7月某日、夜、本日は松本でのゲンバ仕事を終え、帰宅。ヨメは昨日から東京の娘1号のところへ行ったので、昼ラーに「凌駕 IDÉA」で食ったが、夜ラーにも突撃したのはこちらの店。

かつては「セブンイレブン」であった建物に居抜きでオープンしたラーメン店。店内は広く、また駐車場も広めに完備。加えて通し営業の何かと使い勝手の良いラーメン店である。

20:15着、先客8名、カウンター席に着座、後客1名。早速、メニュー表検討、ここは前回突撃時に気になっていた未食の‘味噌’(750円税別)でイッテみる。「大盛り」は昼に「凌駕 IDÉA」で食っているので今回はパスる。

店内を回すのはチョイとガテン系の入ったおニーちゃん達。中な元気が良くてイイではないかい。初回のイメージでは「京都風ラーメン」がウリらしいが、豚骨や今回は冷やし系も加わり、多角なラーメンメニューを揃えている。加えてセット物も充実していてガッツリ目当てにもイイかもしれない。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー3枚、メンマ、白ゴマ、ラー油、一味唐辛子、白髪ネギが、味噌スープに乗っている。

スープから。ラード玉が浮き、少しくの粗めの背脂も混じるスープは、ガラだしベースで意外とあっさりとした動物感が横たわる。合わせられた味噌ダレの塩分濃度はやや高めも、味噌の酸味も穏やかで素朴な白味噌の風味と旨味が味わえる。ラー油が垂らされ、一味唐辛子も振られているが、辛味はマイルド。多目のゴマでの香ばしさもイイ感じ。見た目程のオイリーさは無く、落ち着いた味わいの味噌スープである。

途中で辛味追加の味変を試みるべく、で卓上にセットされている自家製唐辛子を多めに投入。これは七味に加え、タカノツメ片も混じっていてイイ感じのスパイシーさを楽しめる。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは薄切りスライスの豚ロースチャーシュー。薄味付けが良く、兎に角脂身がジューシーで豚肉の旨味が炸裂し、実に美味いのである。メンマは薄醤油味付けの柔らかサクサク食感。白ゴマは多めに浮かび、前記の如く口内で弾けて芳ばしい。ラー油はライトなスパイシーさ。一味唐辛子もマイルドな効き方。多めの白髪ネギは良好なネギ薬味感を演出していてイイのである。

スープ完飲。ヨメがいないので夜ラーに突撃したこちらの店での「味噌」。それは意外とあっさりとした動物系の旨味が漂う素朴な味噌の味わいが楽しめる味噌ラーメン。特に装備の豚薄切りチャーシューがジューシーで実に美味く、好みのネギも沢山あって味噌の素朴な旨味をナイスアシストしていて美味かった。兎に角、薄切りのチャーシューが美味く、次回はメニュー写真のチャーシューが満開の「チャーシュー麺」でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。