なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「九条ねぎ増し豚そば+替玉(100円)=880円」@麺や 木蓮の写真平日の13時前に到着。以前から外観が気になっていたお店であるが、いつも食事時間と離れた時間帯で来ることができなかったが、この時間前を通ってみると車が停まっており、トレーラーハウスのようなお店の入口は営業中となっており、やっと来店。奥に行こうとするが、椅子と壁の間隔が狭い。店主にオーダーを聞かれ、掲題のメニューをあっさり・ハリガネでオーダー。一つずつ作っているせいか、出てくるまでに少し時間がかかった。

出てきた一杯は青ねぎがこれでもかと入っているビジュアルで、スープの表面がほとんど見えなくなっている。メニューにおすすめと書いてあったが、結構やるなと思った。スープを飲んでみると、確かにあっさりとした豚骨スープであるが、独特のコクがある。臭みはないというか適度で、飲み進めるとあっさり感は変わらないが、円やかにも感じられた。豚骨感は出ているが、個性的なスープだと思った。麺は細いストレートの丸麺で、食べてみると・・・確かにハリガネ。本当に硬い!バキバキとする麺で、今まで自分が食べた中でも一番硬いと思った。食べ進めてもその感覚は同じであった。麺量は妥当なところである。具材はチャーシュー・きくらげ、輪切りの青ねぎ。2枚のチャーシューは気持ち厚めの仕様で、肉本来の味に出汁の旨みが合わされて美味しい!きくらげもいい食感に風味もある味わいでGOOD!青ねぎは鮮度があって美味しいが、そのボリュームからスープや麺より存在感が勝っている。というか麺とスープの選択を誤ったとその時思った。途中替玉をバリカタでコール。早速出てきてスープに投入し食べてみると・・・確かにバリカタ。かなり硬い食感である。バキバキ感はまだ残っていた。青ねぎの風味が移ったスープに合っているようなそうでないような・・・。途中から卓上の辛味と白ゴマに紅ショウガを投入して完食した。

スープ・麺・具材それぞれに目が行き届いている一杯で、そこに個性を加えてオンリーワン的な味わいにしている豚骨ラーメンだと思った。今回ねぎ増しにしたがあっさりのスープだと九条ねぎの風味に負けてしまう。そしてハリガネとバリカタで食べてみたが、正直硬い。今回は自分の選択に猛省である。次回は何かの具材増しにスープはクリーミーで、麺は普通かカタで食べてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。