なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製極濃煮干しつけ麺+中盛」@煮干しつけ麺 宮元の写真オープン4年以上たって、やっと初訪問。過去2回挑戦したこともあったが、長い行列で仕事に支障があるので断念。本日、2時過ぎという半端な時間だったせいか、1席空いていてラッキー。迷わず、特製のつけを。

 基本、またおま系だろうが、濃厚な煮干しのせいか、とみ田のように個性的。まるで大量の魚粉のように煮干しが溶け込んでいる印象で、超ドロドロ。この手は塩分が高いものだが、基本甘目で食べやすい。しかし、甘さは好みではないので、そのへんは微妙だ。

 太麺は極太ではないので、少なめのスープでも問題なし。無理して固めに仕上げていないし、モチモチ寄りでもない。茹で加減が良い。チャーシューはレア寄りで出来がいい。味玉は普通か。割りは魚介系で、優しいタイプ。一気に、別物のスープに変身する。

 旨いが、驚きがあるほどのスープではない。麺は明らかにとみ田の方に軍配。トッピングは、レベルが高いものの、他の名店に比べると魅力に欠けるか。

 しかし、厨房の真剣さは、他の名店に比べても上位。そして、味というか、丼に店の思いが詰まっている。こういう店は、なかなかなく不思議な印象だ。それと、つけ麺の丼が、しっかり冷えていることに驚いた。ラーメンの丼が熱かったり、冷やしが冷たいのは珍しくないが、デフォのつけ麺の丼にも気を配るのは、素晴らしい。こういう店は、大好きだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。