なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

大きな黄色のちょうちんに大きく『葉隠』とアピールしているこの堂々とした看板に感動して、また、半額セールという二段攻撃にやられて、ついつい入ってしまった店。

店に入った時から『ざわっ』とした感じはあった。しかしここまで看板と半額に挑発されて引き返すわけにはいかぬ。『さあ、渡れ、渡るんだ!』という思いをこめてまず店内へ。先制攻撃としていきなり喰らったのは豚骨臭。臭い。いままで色々な豚骨ラーメンの店に入った事があるので、豚骨臭に対しては耐性があるはずだったのに、この臭いは強烈だった。新店舗になったので、入り口が大きく臭いが籠もらなくなっただけ、ましであろうか。

とりあえず、豚骨ラーメンを注文。親父は半額セール中ということで他のラーメンを薦めてきたが、この豚骨臭に挑発されたら他のラーメンを選ぶわけにはいかぬ。親父に挑戦状をたたきつけるためにもここは抵抗してみた。

そしてついに豚骨ラーメンにエンカウント。まずはスープを一口。その瞬間に、『ざわざわ...。』うすい...。味はあるんだけど、何で豚骨臭だけがこんなに目立つんだ。親父には悪いが、小生的には大量の豚骨ダシに少々の醤油タレ、塩で味を調えたような感じ『だけ』の味だった。ただ、豚骨ダシはちゃんと長時間煮込んであり、粘度があり、それなりの雰囲気はあったが、味の調整がいまいちか。そして麺を食べる。まず、湯切りが悪く少しヌメッとしているのは気のせいだろうか。麺は少し茹ですぎでやわらかすぎ。特に細めんの茹ですぎは致命的ですよ。麺の味はちゃんと小麦の味がしてまあまあなのですが...。チャーシューはミクロンオーダーの薄さ。具は貧相。これは700円だと残念な気がします。

やっとのことで完食して店からです時に親父が『俺何歳に見える?』と聞かれた。店内には、親父の空手指導何やらの記事があったので、下手に言うと殺されると思い、とりあえず、少し若めに、50代前半ですか?、と答えると、『俺、60半ば。』と満面の笑みが!えっ、60半ばですか?あのスープを飲んでいれば、あんなに若々しいのですね!美容にはいいラーメンだと、店主が証明している店でした。

ちなみに、友達は『紅しょうがが一番うまかった』との事。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。