なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば+味付け玉子」@手打中華 富士屋の写真060923昼
秩父のラーメン店は過去「見晴亭」、「孫悟空」など訪れているが、印象としてはあまり良くない。秩父にはラーメン文化が育たない地なのかという疑問が以前からあった。それを示すかのように国道299から秩父市に入ると看板には「日本そばの町」と書かれている。
この店は昭和37年創業、青竹で打った手打ち自家製の店だ。外観、内装とも新しく、清潔感が保たれ美しい。聞くところ、去年3月改築したそうだ。テーブル席と小あがりの座敷があり、さらにカウンターと広い。田舎の食堂という感じだ。店内には年配の家族4人が一組。他はなし。祝日の昼の店内としてはガランとしてかなり寂しい。
さて基本メニューの中華そばを注文。店内を見回しているうちに、ほどなく若奥さんが中華そばを運んできた。見た目はまさに昔ながらのお馴染みのビジュアル。ナルトはないが。
スープを飲むと、ゲンコツなど動物系と魚介と野菜からとったスープに醤油で味付けたオーソドックスなもの。煮干の風味がわずかにして食欲をそそるが、ややコクと旨味に欠ける。でも悪くはない。
麺は青竹で打った、平打ち麺。手打ちではよくある形状の麺。しっかりとした歯応え、これはかなりいい。
具は小ぶりのチャーシュー2枚、ワカメ、メンマそしてトッピングの味付け玉子。この玉子が、濃口の醤油だしをたっぷりと吸い込み、とても旨い。半熟ではないが、食べる価値はある。
わざわざ出向くまではないと思うが、ふらっと寄る店としては合格点だろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

うらちゃん、コメントと得票ありがとうございます。
この店は墓参りのついでに来ました。なので秩父には結構来るのです。
どうせ食べるなら少しでも美味しいところと、毎回ネットで調べているのですが、
秩父はラーメンに関して情報が薄いですね。
なので今回はうらちゃんが、秩父の中で一番高得点をつけたところにしたんですよ。
残念ながら「美晴亭」のいのししラーメンはまだ食べていないので、今度食べてみよう。

それにしても精力的にラーメン食べていますね。素晴らしいです!

しゅん☆ | 2006年9月25日 02:00