なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「塩そば 750円」@SOBAHOUSE金色不如帰の写真平日の13時過ぎに到着。過去二度臨休で入れなかったお店。最初探した際は、近所の人に聞いて見つけることができたが、それほどわかりにくい場所にお店はある。並ぶのかどうかが気になったが、待たずに入店。券売機で醤油か塩か迷ったが、「塩そば」を選択。店内はモノトーン調で、皆黙々とラーメンを食べている。お店でかけているジャズだけが響いていた。

出てきた一杯は、シンプルなラーメンという印象で、塩スープにしては色が濃いめに見え、表面は水菜の緑が鮮やかである。スープを飲むと、いきなりハマグリの旨みがやってきた!聞く限りトンコツと魚介とハマグリのトリプルスープということであるが、最初のアタックがすっきりとしたハマグリの上品さとほのかな香りが素晴らしい!貝類の風味が強いと苦味も出てくることがあるが、それを他のスープで抑えつつ旨みを出していると思った。スープの油はやや多めで、そこに揚げねぎを散りばめ、いいアクセントを出しておりGOOD!止まらない状況になってしまった。麺は、中細のやや角ばったほぼストレート麺で、硬めをコールしている方もいたが、デフォは気持ち柔らかめであるものの、コシもあってプツッと切れる食感はGOOD。量もコスパとのバランスでちょうど良いと思った。具材は、穂先メンマ2本・チャーシュー1枚・水菜・輪切りねぎで、メンマは柔らかめの食感。チャーシューは赤身白身脂肪のグラデーションで、いろいろな味が一度に食べることができてGOOD。水菜は新鮮でスープと相俟って美味しい味となった。

見ためは非常にシンプルなラーメンであったが、ハマグリをメインとしたスープは特筆すべき味で、オンリーワンの味だと思った。これで無化調とは素晴らしい!麺もそれに負けない位美味しさがあり、具材にも個性を感じることができた一杯。個人的に油の多いラーメンは得意ではないが、そこにも工夫があり完飲することができた。麺の仕上げが僅かに気になったが、かなり満足感のあるラーメン。次回はまた同じ塩か、醤油そして大盛でも食べたいと思った。今の時点で迷うほどまた来たくなるお店である。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どうもです~。

わぁ、キマシタねぇ~!蛤!

ラー好きの方ほど、こういった一杯の点数が伸びるんですよね(ニヤリ)

過去の臨休を払拭出来た様で良かったですねぇ~!!!