なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば」@くり山の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計65点 (スープ43点 麺14点 焼豚8点)


【加点内容】
麺はつけ麺店だけあってさすがの高い仕上がり。もっちりとコシの強い食べ応えある麺。スープは節系の風味と動物系のダシ、濃厚脂それぞれが見事にバランスを取っている。コク、旨み 不足するところが無い。

【減点内容】
麺を食べているときはスープの塩辛さは問題ないが、後半のスープ単体ではその濃さにつられて塩分が濃いパターンでやや残念。

【その他】
つけ麺店であるため、世間の高い評判はやはり「つけめん」によるものと思われる。今回の中華そばにおける評価も高い数値にはなったが、塩辛さがややマイナス要素となった。多少の濃さ(塩辛さ)は「ラーメンを食べているからしかたない」と妥協している人や、もともと濃い口の方には影響がないかもしれないが 評価としては妥協できない。食後もかなり喉が渇いた。麺とチャーシューによる加点が高く推移したのも この高得点につながっているだろう。

【詳細レポート】
横浜市神奈川区にある「仁鍛」をご紹介。

仁鍛はつけ麺店だが、中華そばもあり今回レポートを行う。

仁鍛店主の栗山氏は、つけ麺の2大店舗「旧東池袋大勝軒」と「六厘舎」で修業を積んだ人物。
その味は、神奈川県でも非常に評価の高い店舗で有名である。
また仁鍛の製麺機は “つけ麺の創始者”の山岸一雄氏が「旧東池袋大勝軒」で閉店まで使っていた物らしい。

中華そば には のり、チャーシュー1枚、ねぎ、メンマ、なるとが入っている。

程よくとろみのあるスープは、魚介と豚骨によるダブルスープで 口に含むと動物系のコク深さと 魚介系の風味やキレが口いっぱいに広がり濃厚。
そのスープは、優しくも深く耐えないコク、適度な重厚感、柔らかくもキレのある風味 と、一つ一つがしっかり干渉せず混ざり合っており、その仕上がりは究極の域に近い。
濃さのわりに雑味が無く くどさを感じさせないところもまた、その仕上がりの高さを物語っている。

また魚介と動物系のダブルスープの場合、どちらか一方に仕上がりが偏ったり 互いに干渉し合ってかえって良さを殺してしまう場合が多いが、仁鍛のスープは互いが互いの土台となるかのように味を重ね合うことで濃厚さを極めている。

混ざり合う究極のバランスの感覚と、よく理解されたダブルスープの重なりは ほかに類を見ないほどの領域にある。

麺は直径3~4mmほどの丸太のストレート麺。
昆布粉が練りこまれているという麺は、程よくツルツルで コシが強く もっちりとしており 食べ応えがある。
麺単体に乗る独自の風味もまた、スープによって重なる味わいにうまく重なってマイルドで、さすがつけ麺店舗による業と言えるだろう。

厚さ1cm程のチャーシューは、トロっと柔らかく仕上げてありながらも、肉感はしっかり残してありスープとの相性も非常に良い。

座席はカウンター席とテーブル席が用意されているが、その距離感は近いため家族連れの方などには対応が困難だろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。