なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン¥700」@手打ちらーめん 一兆の写真2008/4/29 20:45入店

皆さんこんにちは。
お昼に続き、夜は『うどんライク探索』にこちらへお邪魔です。
路地の中にありますので、中々きづきにくい立地ですね。

暖簾をくぐると『納豆麺』とか『脂調整します』等の文字。
こちらも面白そうですね〜。

先客は2組20名弱。
地元の方々でしょう、お祭りの話題の様です。
標記メニューとギョウザをオーダー。
私がオーダーした後、店員さんが看板の電気を消しました。
随分早いな〜と思いましたが、どうやら先客さんが大人数で来店した為、麺切れになってしまった模様。

では『いただきます』
見た目は中々シンプル。
メンマ、ワカメ、ネギが気持ち程度に少しだけ乗せられているのが少々淋しい感じ。
やや濁ったスープを一口…閉店間際だからでしょうか、アクも見受けられますし、若干エグミが出ています。
こちらもカエシはごくごく弱めで、課長で旨味を補強している様です。
海産物系の旨味も感じますね〜昆布でしょうか。
かなり控え目、アッサリ目なスープ。
胡椒の投入も微量の様で、パンチ不足な印象ですね。
麺はこちらも看板に違わぬ手打ち麺。
こちらはかなり細めです。
この辺りですと、手打ちらーめん 一休の麺に近いですね。
328GTB殿のお言葉をお借りしますと、森田屋 足利店に近い細さという感じでしょうかw
当然コシはなくズルズル、いい点は咽喉越しオンリー。
具は前述しましたが、メンマ、ワカメ、刻みネギがお気持ち程度の少量。
他にナルト、うずらの卵(!)、バラ巻きチャーシュー5枚。
何でしょう、板倉ではうずらの卵がウケてる?流行ってる?ナゾです。
バラチャーは意外にもいい出来ですね〜。
いつもと同じ形容詞で芸がないのですが、脂身トロトロで味付けもよく美味です。
ちょっと煮込み過ぎたのか、赤身部分はややパサつき気味。

ギョウザはかなりの大きさでビックリ。
佐野らーめん 麺龍佐野青竹手打ちラーメン いしかりのギョウザに次ぐ大きさです。
上記2店舗のギョウザとの違いは皮ですね〜。
こちらも自家製の皮を使用しているそうですが、厚いところで2〜3mmとかなりの分厚さ。
具の餡は普通のギョウザと変わらない量でしょうか。
大きさは近いですが、餡がビッシリ詰められている上記2店舗とは決定的に違います。
しかしこの分厚い皮がモッチモチですね〜。
皮が美味しいです。
ギョウザで粉感を感じられますよww
こちらでは是非ギョウザもお試しあれ。

『御馳走様でした』

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは

東毛は佐野風、しかも餃子がデフォ、しかも安い(300円位)。でもお金がなくて食べられません。

板倉もテリトリー。参考にさせていただきます(^^)

タカサキサイレンス | 2008年4月30日 22:18

>サイレンス様

ありがとうございます。
入り口は少々わかりづらいですが、機会があれば是非。
『ガラ池ラーメン¥1,880』というのが気になります。
是非お試しをww

嘆きの六連星 | 2008年5月3日 00:09