なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【気まぐれメニュー】館林らーめん(大盛)¥800」@つけ麺 弥七の写真▼【気まぐれメニュー】館林らーめん(大盛)¥800

❝佐野ラーメン風❞と銘打たれた一杯。
麺量は並150g、大盛220gだそうな。
ブログで御近所の佐野ラーメン屋さんとのコラボという記事を見た様な気がするが、詳細は不明。
見た目はオーソドックスな佐野風、と思わせつつメンマの量がハンパない。
スープは鶏ガラメインで香味野菜の風味はさほど感じられない。
豚ガラも不使用であろうか。
鶏ガラメインでありつつも、鶏油少量添加によるブーストUPも図られている。
サッパリとして重くなく、後引きの少ないクセのない味わい。
これなら毎日食べられる。
麺は製麺所製の手打ち風。
手もみによるピロピロも見受けられるが、ほぼストレートな平打ち麺。
全体的に厚み・幅共に均等。
この辺りは製麺所製手打ち風麺の限界か。
1~2日くらい熟成されているのか、モッチリとした食感を生み出している。
手打ち独特のピロピロが少なく、スープの持ち上げ・絡みは今一つな感が否めない。
具材はバラチャーシュー・メンマ・刻みネギ・ナルト。
佐野ラーメンにバラチャは必要不可欠。
合わない訳がない。
かなり薄めの小口切りにされた長ネギは、如何なくネギの風味を発散。
後半はかなりスープに影響するので、薬味の範疇を超えている気がしないでもない。
素材本来の味を生かしたメンマは美味いが大量で、箸休めの域を超えている気がしないでもない。

個人的な好みとしては、ネギ減量・メンマ減量して、その代わりに海苔を1枚欲しいところ。
スープもよく出来ているが、肝はやはり麺。
製麺所製の手打ち風の限界を見た気がした。
いつかマスターの純手打ちの麺を食せる日が来るのだろう。
しかし、大多数のお客が弥七に求めているのはドロつけ麺である事を考えるとちょっと複雑な気持ちになる。

「御馳走様でした」

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 30件

コメント

こんにちは〜

肝は麺ですか…
メンマの量がハンパないですなw
まぁ少ないよりはイイですけど^^;

子熊 f^_^; | 2016年6月14日 18:32