なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:15頃訪問。外待ち2名に接続し、暫く待ってからの入店、着席となった。店内は適度なスペースを有しており、キッチリと清潔にされている。窮屈さも無く、居心地の良い空間だ。女性客が少なくないのも頷ける。男性3名による切り盛りで、接客は良好。

興味を惹かれた本メニューを選択。太麺と細麺から選べるようで後者で頼んだ。また、麺の硬さを訊かれて硬めを指定。
着席後、少し待って配膳。

スープは、ちょっと不自然な色合いの乳白色。粘度は感じられない。表層に程々の量の辣油が浮遊している。
飲んでみると、動物系の出汁感がベースとなっているようだが、ナチュラルなコク、旨みは希薄。ひたすらにマイルド&クリーミー。クドさ、重さも抑えられているが、個人的には、食べていて、あまり楽しいものでは無い。
一方、辛さはピリ辛程度で、ちょっと物足りない。
塩分濃度は結構高め。トガりも感じられるが、結果的に強いキレをもたらしており、これはこれでアリだろう。
中盤、卓上の固形分入り辣油を多めに投入したところ、辛味とコクを増強して良い味変になってくれた。

麺は、軽い縮れを有する中細麺。
食べてみると、硬めで頼んで丁度良い茹で加減。適度なコシと歯応えを有している。質感、旨みといった面の主張は弱いが、スープとの相性は悪くない。
量はやや少なめ。空腹時だと、ちょっと物足りないかもしれない。

具として、チャーシューは1枚。ホロホロに柔らかく煮込まれており、箸で持とうとすると解れてしまう程。ただ、ちょっと肉の臭みが感じられてしまうのが残念。
メンマは、食感、味付け共にチープという印象。
少量のほうれん草は、可もなく不可も無く。
丼中央に白髪葱、柚子が盛られ、少量の刻みニラも見受けられる。

フードコートのラーメンを想起させる一杯で、率直に申し述べて、全体的にチープ感が強い。この店では、清湯系のメニューを選択すべきだったのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。