なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 中華そば 龍の眼 〜第二章〜
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-6-5
電話番号 不明
営業時間 11:00~15:00/18:00~21:00
※スープ無くなり次第終了
定休日 月曜
席数 カウンター13席
喫煙 禁煙
最寄り駅
東京メトロ銀座線『末広町駅』(187m)
マップで周辺を見る
駐車場 駐車場なし
開店日 2019年1月5日
メニュー メニューの写真を見る

鶏中華そば(細麺・醤油or塩):850円
鴨中華そば(平打ち麺・醤油or塩):850円

味玉:+100円
ワンタン:+150円
特製:+350円

鶏中華そば(細麺・醤油or塩):850円
鴨中華そば(平打ち麺・醤油or塩):850円

味玉:+100円
ワンタン:+150円
特製:+350円
元に戻す

外部リンク
初レビュアーtakamaP(2019年1月16日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
2019年1月12日登録 運営事務局による登録
2019年2月7日変更 hima
76.655ポイント
レビュー件数 10
レビューユーザー数 10
平均点 81.400
総合順位 3,806位
スキ 2
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

中華そば 龍の眼 〜第二章〜のレビューピックアップ

「鴨中華(醤油)850円 ランチご飯10円 替玉100円」@中華そば 龍の眼 〜第二章〜の写真JR大塚駅とメトロ新大塚駅の中間にある「鳴龍」さんといえば、ミシュラン・ピブグルマンの常連から☆獲得までに至った超有名店であるが故、仕事中に時間を割いてサクッとラー活するスタイルだと長い行列や整理券制だと時間の融通が利かず、実はまだ未訪の宿題店 ※巣鴨の蔦さんも同様(*_*;

そこで、本家・鳴龍プロデュースで昨年の6月に末広町に近い秋葉原エリアにオープンしたのが「龍の眼」だっ... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン鴨中華そば 1000円」@中華そば 龍の眼 〜第二章〜の写真2019 6土曜 13:15

【八方睨み】

「中華そば 龍の眼~第二章」さんにお邪魔してみた。
鳴龍プロデュース店から独立されたようだが、
以前のクーポンは使えないよね?

東京メトロ銀座線末広町駅から歩いて数分。
到着しますと意外に待ちはなく、
先客4名、後客数名... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

12:10頃訪問。3名の待ちに接続し、7-8分待ってから着席。店内は適度なスペースを有し、厨房スペースを囲むカウンター席のみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地はまずまず。男性3名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。ご飯無料はランチのみとの事。着席後、さらに15分程待たされてから漸く配膳された。

スープは、醤油の色目が中庸に出ており、表層をやや多めの液体油が覆う。
飲んでみると、鴨特有の旨みはしっかりと感じられるが、決して突出する事は無い。魚介系等の出汁も含め、全体としてバランスの良い味わいが形成されて... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉鴨中華そば」@中華そば 龍の眼 〜第二章〜の写真6/8(土)19:25頃 初訪。

以前、伺っていた龍の眼が知らない間に第二章に…
先客2名、後客3名。
店内の券売機にて食券を購入し、カウンター席中央へ。

女性店員さんと店主さんかな?!計2名体制での営業です。
オープンキッチンで調理が良く見え、提供直前にミルに入った山椒が一... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン鴨中華(塩)」@中華そば 龍の眼 〜第二章〜の写真この日は飲み会で秋葉原へのお出かけ。
あまり重たいものは食べられないので、あっさり系のラーメンを探し…
かつて創作麺工房 鳴龍プロデュース店ということで人気を博していましたが、
今年に入って独立店へと変わられたようですね。

ラーメンは鶏と鴨、それぞれ醤油と塩のバリエーション。
券売機にて「ワンタン鴨中華(塩)1,000円」を購... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

中華そば 龍の眼 〜第二章〜のお店情報掲示板

まだお店情報掲示板に投稿されておりません。