なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 麺処けんじ
住所 東京都品川区豊町6-2-3
このお店は「東京都新宿区四谷1-7-18 アクトワールドビル2F」から移転しました。
電話番号 -
営業時間 11:30~15:00/18:00~22:00
定休日 月曜(※祝日の場合は営業、翌日休)
席数 カウンター10席
喫煙 禁煙
最寄り駅
都営浅草線『中延駅』(81m)
マップで周辺を見る
アクセス 中延駅から徒歩1~2分
駐車場 駐車場なし
ベビーカー ベビーカーでの入店OK
開店日 2016年8月2日
メニュー メニューの写真を見る

特製ラーメン(塩)980円
ラーメン(塩)780円
ラーメン(醤油)780円
ごはん 鶏チャーシュー 味玉 メンマ 各100円
豚... 続きを見る

特製ラーメン(塩)980円
ラーメン(塩)780円
ラーメン(醤油)780円
ごはん 鶏チャーシュー 味玉 メンマ 各100円
豚チャーシュー120円
ラーメンの大盛150円
和え玉200円
インドの青鬼 水曜日のネコ 各500円
ボディントン780円
元に戻す

備考

※「わっとこ」@四ツ谷で昼のみ営業していた麺処 けんじが移転

※「わっとこ」@四ツ谷で昼のみ営業していた麺処 けんじが移転
元に戻す

外部リンク
初レビュアー取材馬鹿”九龍”トリセツ論者(2016年8月3日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
2016年6月8日登録 なるとちゃん
2017年5月1日変更 運営事務局による変更
レビュー件数 16
レビューユーザー数 12
平均点 82.938
総合順位 1,550位
スキ 0
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

麺処けんじのレビューピックアップ

「特製生姜醤油ラーメン」@麺処けんじの写真インパクトある一杯!!
チャーシューの他に生姜焼にしたような肉も入っていました!!!
自分にはちょっと濃すぎて塩っぱさを感じた一杯で後半は飽きてきてしまいました。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン(780円)」@麺処けんじの写真1/3訪問


正月料理(お刺身やお雑煮)にも飽きてきた。
この日も来客があるので、お酒の買い出しのため外出。
ついでに、ちょっと寄り道を。
年始も営業しているお店を事前にチェックしていたのです。(^¬^)
チャリっと向かい、13:30ごろ到着。
店内は6割ほどの入り。
皆さんも... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン(塩)」@麺処けんじの写真今日は所用で電車で都内です。帰りがけに乗り換え駅の中延でこちらを訪問です。先客、後客ともにゼロです。左上の表題をポチ、暫し待ちます。
程なくして着丼。ビジュアル的に彩りも美しいです。まずはスープ。優しいスープですが、しばらく口に含むと鶏出汁のうまみがじんわりと広がります。上質なスープです。麺は丸細ストレートでつるつる、しこしこで、これもよし。チャーシューはジューシーな鶏チャーシュー、味付... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン塩+和え玉」@麺処けんじの写真初訪問!
1130着先客0
後から3名
特製ラーメン塩980円と和え玉200円を券売機で購入!
ロック?メタル?好きみたいですね~
ジョイディヴィジョンやベビーメタルが好きなんですかね?色々飾られてます!などと
店内を眺めていると


数分で着丼!
キラキラと黄金淡麗ス... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン《塩》(¥780)」@麺処けんじの写真キュート女性店員さん積極接客店!

本日は都営地下鉄浅草線の中延駅と言う、ほとんどの都民が知らない駅のそばにあるコチラ「麺処けんじ」へ伺い「ラーメン《塩》」を頂いて参りました。

お店は以前中華そば 熊野があった場所の居抜きですが、内装は改装されている様ですね。提供される無化調スープのラーメンと異なり、ヘヴィメタルな雰囲気を醸し出そうとしている様が伺えます。... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

麺処けんじのお店情報掲示板

【取材事項】

【取材事項】
四ツ谷の居酒屋「わっとこ」の二毛作営業時代から晴れて路面店となって
麺を店主の修業先であるせたが屋 本店の自家製麺へ変更に伴い、
特徴的であった洋風の匂いを廃した重厚な鶏主体で
ほのかに魚介を効かせた化学調味料無添加の清湯スープに一新。
ただ店一押しの「ラーメン(塩)」の塩ダレは四ツ谷時代と同じく
フランス産ゲランドの塩にモンゴルや沖縄の塩の
3種類をブレンドするのは従来と変わらないが、
中延移転後は配合を変えてるとか。
麺は北海道産の小麦粉を贅沢に100%使用しており、麺量は130g。
また現在発売に向けて調整中の「和え玉」で使う麺はせたが屋 本店の自家製麺では
替玉で使うにはどうしても麺同士がくっついて不向きということで、
それ専用にもっと加水率が低い細麺にする模様で
ミートソース風のものがかかったものを予定。
味玉は塩味で「ラーメン(醤油)」も同じものをトッピングしている。

※四ツ谷時代は客に変に先入観や固定観念を持たれたくないことを理由に
修業先をこれまで非公開としてきたけど、せたが屋 本店から麺を仕入れるなどで公開NGからOKに。
他に系列のラーメンゼロでも修行経験あり。