なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン」@精養軒の写真なんとなんと。
あのRDBの大御所○○氏が、佐野方面のレビューを参考にしたいとコメント下さった。
なぜか香川のお店のレビューにw

たいへんだーこれはただちにいかねばなるまいー めんゆうさんがおおいかたなのでかおばれしちゃうかもしれないどーしよー(カリ城銭形風)

冗談はさておき…
神に導かれ森田屋 東店へ行ってみたが、駐車場から車が溢れてる。
まだこんな時間なのに総本店なみの混み方ですなあ。

ならばと最近投稿されたレビュー2件に惹かれたこちらへ。
危うく「やまだ」が付いてる店の方に行きそうになったが。
いや、「やまだ」が付いてる店もちょっとそそられるのだが。

向かう途中、見覚えのある通りを走る。
ああ人気店「とかの」はもう閉店されたんですなあ。
いまだに綺麗な貼り紙がありますぞ。
問い合わせが多いのだろうか。

そんなこんなでお店の近くへ。
一応駅前なのだろうが、裏通りの静かな一角にお店を発見。
駐車場のキャパが心配だったが空いていてホッとする。

入店後即座にワンタンメンを注文。
ホンマに550円ですやん。
厨房はご主人、二代目?、女性の方の3名体制。

改めてメニューを拝見すると、中華食堂系なのかと思いきや餃子がない。
シューマイとワンタンはあるのだが。
佐野系のお店としても、中華食堂としてもなかなか珍しいっすな。
チャーハンは人気のようだ。

タイミングが悪かったらしく待ち時間は長めで実食。

まずはスープから。
ケチらずなみなみと入っているのはこの周辺の一杯の特徴だ。
しかし、佐野系のラーメンとしては個性的に感じる。
深い琥珀色でガラの強い主張もなく、中華系の清湯でもなく。
一口目に感じたのは魚介(カツオ?)と昆布だった。
表面の油はそこそこあるが非常にあっさりとした味わいだ。

続いて麺
手打ちで比較手的太さはそろっている方、しっかりとした厚みを持ってますな。
何が何でもカタ麺厨でも文句の出ないであろう茹で加減。
もちっとした食感がたまらない。
この麺うまいですな。

具材
ワンタンは先行レビューの通りで鶏肉中心の比較的あっさりとしたモノ。
餡が大きめで量もかなり入っていて大満足だ。
チャーシューは小振りだが肉厚のモノが2.5枚。
脂身の部分はほとんどない。
当然肉の歯ごたえがしっかりとしたモノだが、嫌な固さや臭みはない。
スジの部分にわずかに入った脂身もいいお味だ。

細切りメンマとのりにも特に不満なし。
薬味はネギかと思っていたがタマネギのようですな。
チャリチャリとした食感は最後にスープを飲むときの良いお供となった。

いやこれ550円?
ほんとにいいんですか?
後から怖いお兄さん出てきませんよね(来ません)
お店の雰囲気とともに価格まで昭和にタイムスリップ。
満足度はかなりのモノですわ。

いかがですか○○御大。
参考になりましたかな?
おすすめですぞ。

ただ、出来ればネギにからみそと等と恥ずかしげもなく書かれる方。
そして未だにそのレビューを修正も削除もされない方には来ていただきたくないですなあ。
ですよね御大?

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。