なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

豚骨醤油が思いの外旨かったので、再訪。相変わらずの繁盛ぶりで、家族連れの客も多く見受けられる。

重いものを食べる気分では無かったので、こちらを注文。

スープは、醤油の色目が濃いめに出ており、表層を、肉の煮汁を思わせるような質感の液体油が覆っている。
飲んでみると、ブタのコク、旨みを伴う甘みが前面で力強く主張。これはかなり個性的と言えるだろう。ただ、その甘みが必要以上に口中を支配してしまうような事は無く、飲み口の良さが全く損なわれていないのは見事の一言。寧ろ、何とも言えぬ中毒性がもたらされており、実に面白いと思う。
醤油感、塩分濃度はジャスト。上述の甘みに負ける事の無いキレとヒキを生み出しており、実によくレンゲが進む。最後、結構グビグビと飲んでしまった。

麺は、真っ白いストレート中細麺。
食べてみると、やや柔らかめの茹で加減だが、一定レベルのコシと歯応えは感じられ、特に不満は覚えない。寧ろ、そのしなやかな質感と啜り心地の良さが魅力になっていると思う。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度。

具のチャーシューは、やや大きめの巻き豚バラ肉が1枚。脂身比率が少し高い気もするが、トロトロに柔らかく美味。
茹でモヤシと青葱は、全面に散らされたように乗せられている。味、食感の面で文句無しのマッチング性を示すと共に、丼上の彩り的にも良い役割を果たしていると思う。
色目がやや濃いめのメンマは、軽めのサクサク食感。特筆すべき点は無し。

看板の豚骨醤油のみならず、こちらのメニューも実に旨かった。人気ぶりにも頷ける良店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。