なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製スパイストンコツソバ」@ソラノイロ トンコツ&キノコの写真【クロフネはソラを飛ぶ】

引っ越す前のアレやコレやシリーズ。
2ヶ月以上前のレビューになりますことをご容赦下さい。

所用で東京駅近辺に伺った際に店舗を検索したところ、こちらにヒットしました。

ソラノイロ、「オシャレ」というイメージを勝手に持っている。
果たして、そのイメージは丼の中にも溌剌と具現化されているのだろうか。
いざ、勝負。

14時着、先客5、空席あり。
やはり土地柄か、ビジネススタイルの老若男女が混在している。

先に感じたことは、接客マニュアルが徹底されており、スマートな活気があってステキ!ということである。
スタッフの皆様がテキパキしていらっしゃって好印象。
おそらく切磋琢磨すべき相手は、競合店というよりも土地柄なんだろうな…見えそうで見えない敵は本当に精神力を使うことでしょう。
お疲れ様です!

そんなスタッフの方から「パクチーをお入れしてよろしいでしょうか?」とのお言葉。
デフォでパクチーは入るのだが、お恥ずかしながら苦手のため回避、スミマセン…。

さて表題商品、看板メニューの特製仕様。
豚骨ラーメンにスパイスを効かせた、都内主要駅ならではインバウンドも視野に入れた一味違った一杯という目論見なのだろうか?
何れにせよ、意欲作であることは間違いない。

しかし…当方は福岡出身こってり豚骨中毒者。
採点には関与しないが、果たして。

スープを一口…なるほど、ライトな豚骨…ほうほう!スパイスですな!
複数のスパイスを混合していますが、クミンが先行して仄かに感じます。
もちろん邪魔にならないバランス感、うんうん。

麺は極細ではないものをチョイスしている模様。
トータルバランスでいえば、スープに負けないような太さのように思える。

トッピング…ローストポークやチャーシューなどがあるが、一番のポイントは、赤く小さく鎮座している「アリッサ(ハリッサ)」であろう。
「アリッサ」とは、唐辛子にオリーブオイル、ニンニク、ハーブ類を混ぜ合わせた、辛味と香りを立たせたヨーロッパでメジャーの辛味調味料である。
これが味変としては、なかなか効果的。
スパイスといいアリッサのチョイスといい、センスが光るなあ…。

完食。
なかなかハイセンスではあるのだが、チャーシューや味玉などのトッピング類で光るものを中々感じにくく、ボリューム感としても控えめなので、どうにもコストパフォーマンスという文言が頭にちらつく内容だった。
…何と言ってもショバ代が…ということですよね…お疲れ様です…。

お店を出て「トンコツ&キノコ、なのに…キノコを食べ逃してる!」と気付く。
機会があれば次回は是非、屋号に則ったチョイスを楽しみたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。気になっているお店です。ライトな豚骨なんですね。でもコスパもいまいちそうですねー。

rei | 2017年10月23日 12:16

reiさん、こんにちは!きっと門戸は広いタイプのライトぶりですが、どうにもコスパは引っかかってしまいましたね。しかし、他のメニューも試してみたいところです!

いわのふ | 2017年10月27日 12:09