なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん黒(830円)」@長濱らーめん 道の豚の写真手打式 超多加水麺 ののくら』からの連食。

折角、亀有に来たので最近復活したこちらに訪問。

こちらは『つけ麺 道』の2号店。

以前、亀有を訪れた時には夜だけの営業だった為、昼間別店舗で食べ、夜までの時間を潰しきれず他店へ行った経緯があり、さらにその後一時休業という流れになっていた為、後悔していたんです。

復活後はランチタイムから夜までの営業と時間帯を変えて復活。

この日、13時くらいに訪問。先客2名。

店内へはいると左手に券売機がある。限定ラーメンの張り紙などがベタベタと張り付けられていて非常に見づらい。

オーソドックスな掲題のメニューにする。

チケットを高台に乗せると麺の硬さを聞かれるが、初訪問なので普通でお願いする。

店員さんは1名。有名店、ランチタイム、さらに広い厨房の割りに1名というのはあまりにも寂しい。

広さを持て余している感じ。

店員さんは元気よく、接客も素晴らしい。

しかし、経験があまりないんだろうか。レードルの使い方が危なっかしい。

その店員さんがモノを高台へ。

まずはスープから。

スープは白濁はしているが、粘りが少ないタイプのトンコツ。

店内にも豚臭さはほとんどなく、もちろんラーメンからも豚臭さは一切感じられない。

一般的なトンコツよりもクリーミーで豚の旨みが強めに感じる。

ただ、温い。

スープ表面は所謂自家製の麻油(マーユ)で覆われている。

ガツンというほどではないがマーユ由来のニンニクが効いている。

何由来かはわからないが、後味に違和感のある甘味がある。

麺は中細ストレート。

トンコツの割りにはこの太さの麺で勝負するのね、と他店との違いに感嘆する。

茹で加減は申告通り普通くらいの茹で具合。

絡みは悪くない。

具材。

チャーシュー、きくらげ、高菜、ねぎ。

チャーシューはバラの部分。

薄めのモノが2枚。柔らかく煮てあり、さらにスープの熱でトロトロに。

後半にかけて、卓上にある辛子高菜を投入し、食べ進める。

辛子高菜は辛みが強めに作っている様なので、食べるときはご注意を。




所謂トンコツラーメンではあるが、強気な値段設定の割りにはトッピング寂しく、また値段に見合ったラーメンの精度でもなかったかな。

それと違和感ある甘みの為に、スープは完飲せずごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。