なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】担々麺(ちぢれ麺)850円」@麺や 千成の写真ゴマ感の演出を芝麻醤に頼らない、亜流とも言える担々麺だが、その辺の担々より美味しかったのだ~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12408573316.html

9月下旬の夜に訪問。先客6名、後客1名。

美味しそうなレビューを読んだので、こちらへ。
入って、左側に限定メニューの張り出しを発見。
券売機右上のこちらをポチッとな。

特に案内はないけど、カウンター席へ。
セルフのポットで喉を潤します。
店内は若い男性店主さんと
ご両親で切り盛りとの印象。
すぐに「材料切れ閉店」の
紙が張り出されたようです。
店内にはJポップが流れております。

「大変、お待たせしました~」
とやや時間がかかっての着ラー。
五香粉使用という、スパイスが香ります。
五香粉は、シナモン、クローブ、花椒、
ウイキョウ、八角、陳皮等を使った、
中国の代表的な混合香辛料。
普通の担々麺ではあまり感じられない香り。

それではスープから。
五香が香りつつ、ピリッとした
ラー油のコクに適度な塩気、
ライトな動物系が感じられます。
動物系は鶏ガラと妄想。
飲み進めるとラー油がなくなり、
白味噌系ラーメンの味わい。
アレ....ゴマは何処に?

次に麺を。
麺は多加水の平打ち手もみ太ちぢれ麺。
表面積の多さと縮れが適度にスープを持ち上げ、
ツルツルッと引き込まれ、
穏やかなコシで喉越しも良く。
スープとの相性は良好です。
麺の味わいはまずまず。
デフォの中細麺150gに対し、こちらは200g。
でも、食べやすい麺なので、ペロリです。

具は、挽き肉、チンゲン菜、白髪ネギ、糸唐辛子です。
挽き肉は甜麺醤(中華甘味噌)の濃い目な味付け。
量もタップリでこれがいい仕事をします。
スープに溶かし込むと、甘味とコクが出ますよ。
チンゲン菜は適度な湯通しでシャキシャキ。
担々麺には小松菜じゃなくて、青梗菜じゃないと。
茨城の生産量は日本一だし、地元産かな。
羽鳥の名店では、食べやすいようにと
隠し包丁が入っていたのを思い出しましたが...
糸唐辛子がピリッとしつつ、
白髪ネギがシャキシャキ~。

あっという間に完食。
残ったスープが一番美味しい頃で、
ご飯を投入したくなるけど、自粛。
ゴマ感の演出を芝麻醤に頼らない、
亜流とも言える担々麺。
でも、その辺の担々麺より美味しいのです。
野菜も美味し。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

芝麻醤に頼らないのはいいですね。
色彩が異常に綺麗ですが。。。
無修正?😆

NORTH | 2018年9月30日 13:49

どもです。
スパイシーな担々麺、最近は食べてないかも!
最後に旨味と風味の沈殿した残りのスープが( ☆∀☆)

ラーするガッチャマン | 2018年9月30日 17:01

こんにちわ~

いろいろ香辛料に拘っているようですね~!
担々麺は好きなので、その香りを味わってみたいです♪

バスの運転手 | 2018年10月1日 13:32