なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「彩りラーメン」@博多ラーメン つるの写真彩りラーメン。恐らく、具が豪勢になる特製的なメニューと思われるが、偶然だろうか、この日は少々豚骨の旨味が軽薄で油の香りが強めの仕上がり。しかし懸念は不要、豚骨のだしと、豚の脂。両者のバランスは絶妙だ。
店炊きの博多ラーメンで、ブレない店など福岡にも殆ど無い。毎日同じ量の素材を使っても、常にその質が違うからだ。炊き終えてからの調整はほぼ不可能、一定の豚骨濃度を日々提供し続ける、一蘭の凄みを改めて認識した。
ストレート細麺の品質が高いからこそ、ラーメンとしての完成形が揺るがないのだろう。鼻先へ抜ける素朴な甘さ。硬麺指定へ100点回答、歯切れ良さと粘り腰を兼ね添えた食感の良さ。絡む豚骨、野趣は確かに感じられる。
ふと置かれたのは、断ったはずの無料ライス。今日は珍しく、米が旨かった。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

なるほど。博多ラーメンにおいて、麺の占めるウエイトは高いのですね。断ったはずの無料ライスって、何故だかより旨いのではないでしょうか。

カナキン51 | 2018年12月24日 18:52

ラーメンって、麺とスープだけで成立している事が大前提だと思うんです。博多に限らず、です。
必然的に、麺が占めるウエイトは高くなりますね。これを楽しむ食事こそ、麺類の醍醐味と思っています。

Dr.KOTO | 2018年12月25日 09:52