なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「支那そば 850円 大盛100円」@日本橋 製麺庵 なな蓮の写真日本橋というと昔ながらの風情があって耳馴染みの良い地名ではあるが、実際の最寄り駅な三越前という響きだと、何かハイソサエティな客層のイメージが強く、足が向かない場所だが、池袋の名店「BASSO」出身だったりも気になって初訪問したのが「なな蓮」さん♪

どこかで聞いた店名だな?と思って調べると、徒歩圏内ともいえる神田に2号店も展開しており、「2号店を出すお店の本店は旨い!」というMy定説の更新も検証

中央通りから日本橋を超えると、三越・コレド室町と並ぶ2大おハイソな建造物に目が眩み、昭和通り方面へエスケープしたビルの1階に、格式の高そうな和風な造りで暖簾が掲げられており、土曜の12:10とランチピークであるものの行列は無いラッキーな入店タイミング

暖簾の右手手前に券売機はあり、支那そば(850円)・支那つけ(950円)・濃い出汁そば(880円)・濃い出汁つけ(950円)に各種トッピングもあるおハイソな街らしい価格設定にたじろぎながら、きっと意識高い系ではボリュームも控えめだろうと、支那そばの食券と併せて大盛り券(100円)も購入

暖簾を潜って入店すると、右手にある厨房に面したカウンター数席以外に左手奥にはテーブル席もあって、シックな雰囲気はまるで和食店を彷彿とさせ、席に置かれた飲み物メニューも地酒や地ビールを中心に「意識高い系」っぽさを感じさせ、調理にもそれほど時間はかからずに大ぶりな白い丼が着丼

黒々としつつクリア感もある醤油スープは、秋田の比内地鶏を中心とする動物系に乾物の魚介テイストを合わせた深みがあり、地鶏の重厚感よりもスッキリと飲めるライトなバランスで、醤油のエッヂもキツくなく場所柄、老若男女幅広い客層に好まれそう

ツルリとした食感の麺は、稲庭うどんを気持ち細めにしたような平打ち中太タイプの麺が使用されており、麺量はそれほど多く感じなかったので大盛りにして大正解だったが、国産小麦に拘った自家製麺のようで、自家製でこのクオリティとは製麺所もビビるだろう

しっとりとしたロースのレアチャーと箸でも崩れるバラ巻きの2種のチャーシューがデフォルトでも乗っており、熱々のスープの中でもメンマ・笹打ちネギ・小松菜の存在感はあり、カイワレが乗るのもノスらーらしい演出

卓上調味料は黒コショウ&一味唐辛子とシンプルな構成で、じんわり優しい醤油スープを堪能でき、「食後は、丼をカウンターに上げて..」というお店が多い中「上にあげずそのままに…」と珍しいスタイルで、食後の12:25には店外行列もできる人気店♪
神田にある2号店「とりそば なな蓮」さんもかなり気になる存在(^^)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです。
此方もだいぶご無沙汰してます。
前回は気まぐれで濃厚系を食べて残念だったので
行ってあげないと悪いなあと思ってます(^^)

ラーするガッチャマン | 2019年4月25日 13:50

ラーするガッチャマンさん、コメントありがとうございます!

このエリアは、私には敷居が高かったですが、ラーするガッチャマンさんの息のかかったお膝元ですもんね♪
土日は休日のお店も多いようなので、平日に神田エリアも探索してみようと思います(^^)

つちのこ | 2019年4月26日 08:22