なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけそば麻辣 1000円」@麺 一直の写真やはり、こちらでは一番好みの一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12457408469.html

4月下旬の週末、お昼に訪問。
先客18名、帰りの待ち客7名。

近くまで来たので、久し振りに
本メニューが食べたくなりました。
入って左側に券売機が有り。
限定メニューのブラックラーメン
(ライス、生卵おすすめ!)1000円も
気になりましたが、初志貫徹でこちらをポチッとな。
セルフのお冷やを持ち、
空いているカウンター席へご案内。

店内は厨房に男性3名、
接客の男女2名の体制。
俺が知っているのは、
3人体制で廻していた頃までかな。
人気振りが伺えます。
店主さんは不在のようですが、
右腕的な方が中心となって切り盛り。

今春にはひたちなか市に
新店舗開店予定と聞いたのは、今年の1月でした。
その後の情報がないんだよなぁ...
誰か知っていましたら、
こっそりと教えて下さい_(..)_w。

少しして、麺、つけ汁の順で着ラー。
麺線は以前とは違って、整えられることは無く。
それだけ忙しいってことでしょうか。
思ったより落胆はなく。

それでは麺から。
麺は加水やや高げな太ストレート麺。
麺肌の絶妙な弾力と張りに
小麦のザラツキを感じる歯切れが良く、
噛み進めると程好く熟成された
小麦の旨味が拡がります。
やはり、こちらの自家製麺は旨いっすね~。
ズバズバとすすり上げたくなる
食べやすさのある麺ですが、
麺量は300gのようで充分です。

次につけ汁だけを。
因みにスープの入った器は、
長く触れられない程に激熱です。
油脂分のコクにやや強めな塩気、
ヒリッとした辛味に花椒の清々しい香り、
艶っぽい旨味も感じつつ、
ライトな動物系の下支えも感じながら、
酸味が残ります。
麻辣とは花椒と唐辛子の味付け。
花椒の痺れはないのですが、香りが清々しいです。
スープには野菜や挽肉もタップリと入っており、
旨味を添加していると思われます。
動物系はライト豚骨かな?
と思ったが、豚清湯かも。
麻辣を前に出したバランスが秀逸。
どことなくキムチぽくも感じたのは
酸味があるからでしょうか。
甘辛辛酸なバランスが好みです。
辛味は常人にはやや強めですが、
旨辛なので引き込まれること請け合い。

これは早く麺を浸したい!
つけ汁の麺への馴染みが良く、
デラベッピンな麺との相性も良好。
ズバズバとすすり上げたくなりますね~。

具はつけ汁にチャーシュー、モヤシ、
キャベツ、ニラ、挽肉、メンマ、ネギです。
豚チャーシューはシトッと柔らかくて、
肉の旨味も十分。
つけ汁に浸して温度アップ。
モヤシはつけ汁を十分に吸っているので、
麺と一緒に食べると
つけ汁のパワーアップが感じられ、滅茶ウマ~。
ただ、激熱なので注意です。
キャベツは芯の部分があったりして食べ応えが有り。
ニラは絶対に合うと思うので、量的にはもっと欲しいかも。
底からタップリの挽肉が出てきました。
モヤシ&挽肉が麺によく絡み、美味しさはアゲアゲ。
メンマはシナボリボリコリで食べ応えが有ります。
メンマも好みです。
ネギの香味も合います。
ちょっと勿体無いと思えるくらい
スープ量も多いので温度低下は気にならず。

底に沈んだ挽肉をサルベージした後、
卓上のポットでスープ割を。
割スープめ熱々で、
舌に蓄積した辛味がブワッと甦り、
味はよく分からず。
多分、魚介でしょうか。

あっという間に完食~。
やはり非常に好みのつけ麺でした。
こちらのメニューは全て食べていますが、これが一番好きです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 17件

コメント

どもです。
コンプしててのお気に入りでこの点数ですから
本当のお気に入りですね!
水戸も課題店だらけです(笑)

ラーするガッチャマン | 2019年4月29日 00:51

こんばんは.
私もこれ大好きです.味噌つけに辛肉追加も好き.

Paul | 2019年4月30日 09:33

麺も自体が特に美味いです!
辛いの苦手ですが、このメニュー美味しく食べられました♪

tomokazu | 2019年5月2日 04:53