なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺(塩味・エビ風味)800円」@横浜家系ラーメン 壱蔵家の写真つけ麵(塩味・エビ風味)戴きました。
麺は角中太ウェーブ(平打気味)のエッジに尖りがある多加水麺で、気持ち短めなせいもあってか多加水麺ならではのツルっとした食感が楽しめる啜り易い麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところで、ライスのサービスもあります)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鶏ガラ塩味で、乾燥海老の風味が仄かに香る豚骨も少し感じられる塩味に仕上がっています。
具はメンマは無く、肩ロース叉焼1枚と家系ならではの海苔1枚とホウレン草が麺の上に配置され、大量の微塵長葱とこれまた大量の細かく刻まれた肩ロース叉焼と所々に点在する乾燥海老がつけ汁に忍ばされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、微塵長葱や乾燥海老と共に麺肌に軽く絡みツル・ツルツルっと啜れました。
ライスは貰いませんでしたが、卓上に胡瓜の漬物で途中箸休めできました。
スープ割はブーメラン方式に鶏ガラスープが注がれ、プラスティック製の白い蓮華で大量に底に沈んでいる刻み叉焼と共に戴きましたが刻み叉焼は残してしまいました。
お店はラーメンストリートの新宿西口の小滝橋通りの大久保駅側に佇んでいて、お向かいにも「家系」ラーメン店があり常に睨めっこ状態のお店でした。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9360887.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。