なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
59

8/10に行ってきました。

淡麗もありましたが、ラーメンは濃厚の方が好きなので 濃厚そばを注文しました。

先客3名、後客1名。

着丼まで15分くらいでした。

まず、スープをひとくち。
節系の味がガツンと来ます。
旨みはあります。
醤油の香りはほとんどしませんでした。
塩味が若干強く感じられました。
しかし、何が濃厚なのかよく分かりませんでした。
節系の味が強い店はたくさんあるし、もっとスープが濃厚な店はたくさんあります。
日本食で修行した店長さんなので丼の中の全体バランスを大事にしているのかと思いました。

麺をひとくち。
中太麺で表面はツルツルです。
かむと硬めですが、腰があるというような感じではありませんでした。
硬めのゆで加減ということですね。

具材のネギ、ミツ葉はごく普通。
タケノコが入っていました。
えぐみはありませんでしたが、味がほとんどしませんでした。歯触り重視でしょうか。
このスープとの相性はどうでしょうか。
相乗効果はなかったと思いました。

チャーシューは普通ですね。
厚みもあまりなく、若干の豚臭がありました。
最近は厚めの、味のしっかりしたチャーシューを食しているので
インパクトは薄かったです。
最外周は脂身のみでした。

常陸太田米のライスを注文してあったので
ライスのみをひと箸、食べてみました。
香りがありませんでした。
甘みは強い傾向のようです。
炊きたてなら相当美味しい米のようですね。
残念ながら、炊いてから時間が経つと香りが飛んでしまうようです。
また、このラーメンスープとは合わないようです。
口の中でけんかして、両方のうまさを消し合います。
残念です。


まずいラーメンではありません。
しかし、この店でなくては・・・ という部分があまり感じられませんでした。

なんとかもう少し独自の進化をして欲しいと思いました。

具材やメニューの一つ一つの味、合わさったときの味の大切さを再認識しました。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。