なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「高菜らーめん」@おんごろやらーめんの写真 ハードな一週間、しかし金曜(15日)も朝イチから、外資系エリート軍団とにらめっこで、疲れもピーク。昼過ぎにはもう「トンコツ注入」を夢見たりして……今夜は「キツいの一杯」イキたいですな……というわけで、帰り道に「おんごろや」へ。
 飾り気のないこざっぱりした店内に漂う、何とも芳しい豚骨臭。金曜夜、浦安の片隅でビール片手に語りあうリーマンたち……「嗚〜呼、小〜市民」という訳ですな。好きですよ、この雰囲気。
 注文は「高菜らーめん」、状況からして5杯分待ち。オヤジさんは、なんともタフな面立ち、故園山俊二先生の「ギャー○ルズ」(古うぅ〜)でお見かけしたような……こんな人にガン飛ばされたくありませんな……と、思いつつデジカメでメニューをパシャ・パシャ。「恥知らず」という「オヤジ度」では、私も負けません。
 テキパキとロットをこなすオヤジさん、1ロット2杯厳守で好印象。麺を手で揉み茹で湯に投入、湯切りは強烈5発 !! さすがドテ○ンさん、もとい、オヤジさん、パワーが違います。2ロット待ちながら、10分程で「高菜らーめん」到着。脂膜の張るスープは熱々。
 では高菜を混ぜずにトンコツを一口……ガーン。脂で舌がコーティングされているにも拘わらず、トンコツの旨みが舌を包む……これって、凄くない ? 極細ストレート麺も茹で加減完璧、味も合格。チャーシューはプリプリした食感、麺と好相性。
 食べ進むと高菜が徐々に混ざってきます。辛みのない高菜が、トンコツのコクを自然に引き立て、表面の脂も減る中盤からは、味の輪郭がどんどん鮮明に。そして海苔。はじめは丼にのっていたはずの海苔が、気づくとスープに溶け込み、さらに風味を加えます。終盤は豚骨、高菜、海苔の三位一体攻撃……う〜〜ん、たまりませんなぁ……って、ハッと気づくと、なんと掟破りのトンコツ完飲、やっちまったぁ〜〜
 ドテチ○様、もとい、オヤジ様、参りました。しか〜〜し。私のような中年男にトンコツ完飲させた罪は免れません。よって被告は2点減点、さらに「トンコツ完飲」罪で、原告(私)はウォーキング3キロ追加の刑に処す。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

つかたさん、コメントありがとうございます。
このDBを見て訪ねた店で、初めての90点台、味といいオリジナリティといい、文句なしだったと思います。つかたさんの情報がなければ、「おんごろや」に行くことも、いきなり「高菜」を注文することもなかったでしょう。感謝、感謝です。
でも、みなさんの評価の高い店に行くのは、ちょっとドキドキなんですけどね……先日も「麺屋あらき 竈の番人」で1日1麺さんと採点が食い違い、ヒヤヒヤしていました。

>> 東京から浦安あたりまで歩いて帰りました。
 それは凄い。以前も松戸から歩いて帰ったと記事にあったように記憶していますが、凄すぎです。

miles | 2006年9月18日 22:25