なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
90

「豚骨ラーメン」@めん屋 沙楽の写真RDBにて、そのレビューに信頼を置いている某氏をはじめ、北東京地区で活躍するレビュアー諸氏に評価が高いこちら。同じエリアの私としては、当然気になっており、ようやく訪問。日曜12:30到着。先客1名。後客6名。

L字カウンターのみで10席有るか無いかの小さな店。店内は、店主と思われる方一人のみ。券売機で「豚骨ラーメン」の食券を購入し、着席。5分待たずに「豚骨ラーメン」登場!楕円形のちょっと変わった形の丼で提供された。まずスープから。。

いわゆる魚介豚骨醤油だが、煮干や節系の出汁感を強く感じる。スープの粘度はあまり高くなく、濃厚魚介豚骨とは、一線を画す。自分の場合、この手のスープでは、最初に魚介をガツンと感じるものの、後はそれに慣れてダレてしまう場合が多い。

しかし、こちらのスープは不思議な事に、最初のインパクトこそ大きくないが、魚介の出汁感が最後まで継続する。大げさかも知れないが、スープをすする毎に出汁感が強くなる感さえあった。なぜだろう?不思議になり何度もスープをすすってしまった。その毎に、煮干系のほのかな苦味と、カエシからくるのか、心地よい塩気を感じる。この苦味と塩気のバランスが絶妙だからだろうか? ご主人が出汁の扱いに精通しているように思える。

麺は、軽く縮れのある黄色がかった中細麺。もっちりした食感で、スープとの相性もよかった。具は、大判のチャーシュー、太めにカットされたメンマ、白髪ネギと海苔、水菜(だったかな?)。チャーシューはロースだが、堅すぎず柔らかすぎずでちょうど良い食感。オーソドックスな味だが、おいしいかった。メンマも丁寧な処理が伺える。

自分のつたないレビューで上手く伝えられないのが歯がゆいが、今年食べた魚介豚骨の中では、最もおいしかったと言っても良い。場所的な問題なのか注目度こそ皆無だが、全国区の名店にも引けを取っていないと思う。

和風、味噌と他のメニューも是非頂いてみたい。ごちそう様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。