なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「油そば(+燻製玉子2個)=900円」@兎に角 松戸店の写真平日の13時に到着。意外にも待たずに入店できた。カウンターのみの店内。こちらのお店の燻製玉子がどの情報を調べても美味しそうだったので来店。券売機で「油そば」をオーダー。燻玉は2個オーダーし、その後店員さんから「燻玉2個ですね」と声をかけられた。今までの経験の中で、どうしてもあまりないオーダーにミスは嫌でも遭遇するという考えがあったが、券売機のオーダーを最初の時点で確認されたことでほっとした。あまりない場合のオーダーを確認する姿勢は(当たり前かもしれないが)素晴らしい!そういえば店員さんは全員無理の無い声が出ていて、それが元気のある雰囲気を作っているように見えた。

出てきた一杯は、燻玉が2個あるせいか、刻みチャーシゅーや輪切り白ねぎ、メンマも含め具だくさんに見える油そば。これをまずかき混ぜてみると、底にスープ(たれ)が見えた。かき混ぜる時は、跳ねないよう十分注意が必要である。うまく馴染んだ後麺を食べてみると、温かいやや長方形の太麺に魚介がメインのまろやかな味わいのたれがよく絡んで美味しい!魚介豚骨ベースのたれは甘さがなく、それでいて穏やかな味にさせているのは素晴らしいと思った。油そばにとかくありがちのジャンクさはこの一杯にはない。ボリュームもこの価格ならOK。麺に力があり、たれや具材との相性がいいと思った。コシ・味ともに素晴らしい!具材はどれも豊富で、大きめのチャーシューが1枚・刻まれたチャーシュー・輪切り白ねぎ・メンマ多数・鰹の削り節・海苔1枚。そして燻製玉子2個。かき混ぜて食べていると、チャーシューはパサツキが無く、ローストしてこの味にしたのだと思った。旨みをうまく閉じ込めたチャーシューでGOOD!刻みチャーシューも肉の味がして美味しい!輪切り白ねぎは新鮮さがよくわかる味。はっきりとした味付けのメンマは歯応えがあっていい食感である。そこに鰹節の旨さが混ざっているので、どれも美味しい味に感じ、食べているうちにうれしくなった。燻製玉子は桜を燻した味で、燻製度合いはもう少し強いと思ったが、食べた瞬間に黄身が流れ出てきて、そちらの味も燻製の白身の味と相俟って美味しく食べることができた。途中ラー油と酢をわずかに垂らしたが、美味しいのでこの一杯には必要無かった。1/4を残して割りスープをコール。それをラーメン状にして食べたが、濃い節系のスープの味と相俟って、美味しく完食することができた。

麺・スープ(たれ)・具材、全てに隙の無い一杯であった。麺の力強さ、具材の豊富さ、そこにボリュームと旨みが入っており、それをスープの絶妙な旨みでシナジーを出している油そばだと思った。さらに個性の強い割りスープで変化を楽しめ、とても満足ができた。この一杯にかけているお店・店主の情熱を感じた。今回燻製玉子を2個オーダーしたが、そのせいか玉子全体の味の強さで、油そばとの一体感がわからなくなり、1個で良かったかなという自戒の念が強い。そして自身油そばを食べた回数もそんなに多くはないので、今回この採点にしましたが、次回燻玉油そば(800円)を食べて同じクオリティなら、自身初の3桁をつけたいお店・一杯だと思った。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。