なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「油そば(大盛り) 680円」@東京油組総本店 広尾組の写真平日の13時半前に到着。赤坂や池袋でも見かける店舗であるが、場所柄似合わない広尾という場所にあるので寄ってみた。場所柄女性が過半数出入りしており、紙エプロンをして食べている人もいる。私も紙エプロンをいただいて待つことにする。入店してからの気配り等接客レベルはなかなかのもの。カウンターには食べ方が書いてあり、「1.熱い間に、お酢と辣油を回しいれる。2.すぐによくかきまぜる。」と書いてあった。

出てきた一杯は、シンプルに見える油そばで、タレは全く見えない。お店のレシピの通り、最初からラー油と酢を数度回してかけてかき混ぜると、下からタレが出てきた。これもしっかりかき混ぜた後に食べてみると、やはり・・・最初からかけたラー油の油分がタレの油が相俟って麺にまとわりついてきた。醤油ベースで香ばしくコクのあるタレは美味しいものの、ややバランスを欠いてしまった。麺は、中位のほぼストレート麺。食べてみると量的には満足だが、食感が柔らかめで、コシを少ししか感じない。具材は、海苔・刻みチャーシュー・メンマ。それぞれ量はやや少なめで、タレの味がついて美味しく食べることができた。途中で無料トッピングのタマネギを大量に投入。その後に唐辛子が粒状になったラー油を投入すると少し油っぽくなったものの、香ばしさが増して美味しい!それに絡んだたまねぎの食感と味で、麺やタレが生き返ったように思った。

店員さんの接客もできており、清潔さもあるお店で、退店時も好感の残る挨拶であった。これだけしっかりしているお店なのに、麺の仕上げが気になった。常時この仕上げなら「麺カタメ」でオーダーをしたい。あと最初から酢とラー油を入れるのはお店の指南であるが、途中からのほうが私には合っていた。ラー油は唐辛子の粒状になったものが辛さのアクセントでたまねぎに合い、それが全体に旨さを加えていくように思った。自分自身に合う作り方を今回学んだと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。