なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

14:20頃訪問。先客5-6名程で後客無し。地元に根付いている感じの中華料理屋さん。店内はテーブル席メインでカウンターも。清潔感、スペース等、色々な点において「普通」で、居心地の良い空間だ。店主さんと女性2人による切り盛りで、接客も良好。

暫く待って着丼。やや大きめの丼にスープがなみなみと入っている。

主役は完全に麻婆豆腐。
餡がスープに溶け出しているが、しっかりと粘度を保持している部分も十分に残されている。
挽肉は適量入っており、豆腐はタップリ。辛さはピリ辛程度だが、熱々での提供となるので、かなりの発汗量となった。ニンニク、生姜等による味付けもしっかりとなされており、オーソドックスながらも丁寧に作り上げられた旨い麻婆豆腐。文句無しだ。
また、上に乗っている刻みネギの清涼感が非常に大きな役割を果たしていた。

スープは、鶏ガラメインのアッサリ醤油スープと思われるが、味としては麻婆豆腐の旨みが移行しまくっており、一体化している印象。実に味わい深い。調理麺の醍醐味といったところか。最後は酢を投入して飲んだが、それも旨かった。

麺は、真っ白いストレート中細麺。非常にしなやかで柔らかい。ただ、噛み切る際には粘りが感じられ、意外と満足度の高い麺だ。スープ、具との相性は文句無し。量は少なめだが、豆腐が大量だったのでトータルでは十分な満腹度。

麻婆豆腐を軸として旨い料理に仕上がっている。個人的に、ラーメンの主役はスープと麺だと思うのだが、これはこれでアリ。調理麺にも「ならでは」の良さがある事を再認識した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。