なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

朝ラーの為に訪問。他客はちらほら程度。店内は適度なスペースを有しており、カウンターが主体だがテーブル席も設けられている。キッチリと清潔感が保たれており好感。ホールはアジア系の若い女性一人による切り盛りで、接客は非常に良好。

以前より何気に気になっていた本メニューを選択。暫く待って配膳された。

この一杯の主役は、完全に具と言える。
挽肉が餡にとじられているのだが、肉量は不満の無いレベル。もう少しジューシーさが有れば文句無しなのだが。味付けは嫌味の無い甘みとピリ辛感を併せ持つもの。個人的には更なる刺激が欲しくなり、中盤以降、卓上のラー油を多めに投入して味変を楽しんだ。最後は酢を入れてみたが、これも悪く無い。
温玉は別皿提供。そのまろやかさは、この一杯に於いて非常に大きな役割を果たしていた。
刻みネギは風味、食感の良いものだが、やや少なめ。タップリと乗せて食べられたら実に旨そうだ。

スープはオーソドックスなアッサリ醤油スープ。
この一杯に於いては主張が弱く感じられるが、嫌味になるような要素は無く、これはこれで完結感が有り文句無しだ。

麺は平打ち傾向の中細麺。多加水のもので表面はツルツル。
箸で手繰る分にはかなり柔らかいのだが、実際に食べてみると、適度なコシと歯応えが残されており悪く無い。この一杯の中でのマッチング性は非常に良好。喉越しも非常に心地良い。
量はやや少なめといったところか。朝ラーには丁度良かった。

日高屋らしく、良い意味で「それなりのもの」を低価格で提供しており、期待通りの満足度。流石の安定感だ。使い勝手も良い優良チェーン店だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。