なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「真鯵の冷製塩そば」@Japanese Soba Noodles 蔦の写真1000円。8月土日限定。2014/8/31(日)。前回フラレた経緯があり、最終日というのもあり頑張って8:30頃着。肌寒いのもあってか、誰もおらん。早過ぎた。だいぶ時間を潰してから列へ。10時くらいでもまだ12人いなかった気が。もうちょいゆっくりくれば良かった・・・。小説をガッツリ読むつもりで来たので思いの他、待ち時間は気にならず。準備が大事。
10分弱前に開店。卓上調味料なし。BGMはロック寄りの洋楽が低音量で流れているが、自分の知らない曲だった。
1ロット2杯。丁寧に提供される。

メニュー説明↓
新鮮な大量の真鯵と少量の乾物のみを使用し徹底した温度管理の下、長時間かけて濃密な真鯵のスープに仕上げました。
トッピングには真鯵のマリネ、野菜のサルサソースとパクチーを合わせました。
途中で混ぜて味と食感の変化を最後までお楽しみください。ライムはお好みのタイミングでお絞り下さい。

鯵の身がしっかり溶け込んでいるのがわかるような色合い。
冷製にも関わらず、薄っすらと火の通ったような、刺身と焼魚の中間のような鯵の旨みがギュッと凝縮されて感じられ、且つ上品にまとめられている。
乾物も少量使用しているとのことだが、真鯵がガッツリ押して来ていてわからない。微調整にうまく使われているのだと思われる。
塩は確かに強めだが、このくらいのほうが合う。脂の旨みあり。鼻腔を鯵脂の風味が抜ける。
加熱してさらに冷製にしていながらこの旨み。しかもクセなし。過去最高の鮮魚スープというだけあってすごくうまい。
大量の鯵が最高の調理で12杯に凝縮されたスープ。

麺は平たい細麺。多加水でツルツル。硬めでプツリと歯切れいい。
スープ絡みよく、啜り心地もいい。小麦感は薄めだが、このスープにはベストマッチだと思われる。
麺がまとまりがちで離れが悪い、カットが長いため途中で噛み切らなくてはいけないのが玉に瑕。
麺量はやや少なめ。

中盤にサルサ野菜を少しずつ全体に混ぜていく。オリーブオイル、砂糖、マリーシャープスなどで味付けとのこと。
粗微塵のキュウリ、トマト、辛みのない玉ねぎ。野菜はサルサにしっかり浸かってはおらず、表面に纏う程度。
パクチー、白髪葱とともにシャキシャキ食感が楽しい。パクチーの量がかなり多いのは嬉しいところ。ほぼ全体に行き渡る量。
真鯵のマリネ3〜4枚は薄味。淡白な味わいで、スープと食べるといい感じ。
オリーブオイルと岩塩などでマリネした鯵とのことだが、塩気はスープで流れているのか、中までは染みていない。燻製オリーブオイル使用とのことだが、燻製の香りは気がつかなかった。注意していればわかったかも?

パクチー好きなので、たっぷりなのは嬉しいのだが、旨みがこれだけ出ている鯵を活かすなら大葉などのほうがクセがなく爽やかで合う気はする。
しかし、コレはコレで合う。誰でも思いつきそうな無難な選択ではなく、敢えてサルサとパクチーのやや癖のある方向にしたのかもしれない。
パクチーの強い風味にも負けないほど鯵がしっかり出ているので、味全体の軸はブレない。

サルサ野菜が全体に混ざると確かに塩分が薄くなり、爽やかさが出てちょうど良いくらいのあっさりに。
マリーシャープスはサルサをスープに混ぜても全体には影響しないくらいの分量。赤だと結構辛いはずだが、野菜微塵を食べた時に少しピリリと、風味とともにするくらい。パクチーとならサボテン風味の入った緑のほうが合う気がするが、赤のほうがクセがなくシャープな辛さなので全体のバランス的にはいいのかもしれない。

終盤にライムを絞ると白身魚ではないものの、魚+唐辛子+パクチー+ライムでどことなくセビッチェ風の味わいに。
麺を完食。たっぷり残ったサルサ野菜スープを味わいながらゴクゴク完飲。

10分くらいで食べ終わったタイミングで次の2杯が提供されていた。力の入った限定だけにだいぶ待つようだ。外に出たとき、列は折り返しの満員だった・・・
アジアン煮干も醤油も塩も、寒くなったら提供されそうな味噌も食べたくなってきた。
夜営業があればいいのだけれど。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

noさん、こんにちは!

まずBGMが気になります~~~(笑)

そしてこれを食べれたんですね!私は涙を飲んで諦めました。時間が合わなかったです。(T_T)
この夏の悲しい思い出の一つです。

Hiroshi | 2014年9月3日 09:37

こんにちわ。
>冷製にも関わらず、薄っすらと火の通ったような、刺身と焼魚の中間のような鯵の旨みがギュッと凝縮されて感じられ、且つ上品にまとめられている。
魚介使った冷製って相当難易度高そうなイメージなんですが、流石の出来のようですね。
僕もここの味噌は凄い食べてみたいです。

アンペ | 2014年9月3日 11:58

こんにちは!

鯵ですか?
想像がつきません!(◎_◎;)
また、色々アイデア満載のラーメンが
流行っているのでしょうか・・
スープ味わいたいww(^-^)/

eddie | 2014年9月3日 15:39

こんにちは~
ずいぶん頑張って早く行きましたね~^^;
詳細なレビューで思わず引き込まれました。
本当にこの限定は美味しかったですね。
これからの限定も気になるところです。

NORTH | 2014年9月3日 17:30

Hiroshiさん>
知らない曲でした~><
こちらは店主の趣味だと思うんですが、音楽の趣味がいいですよねぇ~。音量も抑えめながらよく聞こえてバッチシな雰囲気です。
なんとか最終日にがんばってこれましたよ~。来てよかったです!

アンペさん>
実は去年だかのホロホロ鳥は思ったよりもガッツシ鶏が出ていなかった感じもしたので、やはり冷製は難しいのだなと思いましたが、こちらは素晴らしかったです。
使用している鯵の量と調理技術がキモだと思われます。

eddieさん>
バッチシ鯵味でしたよ~。刺身のような風味、焼魚のような風味と個別にはあまり出ていないのですが、うまく混ざり合った感じでした。
こちらの鮮魚系は外せなそうです。味噌も食いたいですね、本当に。
ほかの限定もいちいち気になって困るんですけどね~(笑)

northcoast-kさん>
最終日なんで頑張りすぎてみたら見事に空まわりました(笑)
や~、本当にうまかったですね~。諸条件がかなり違いますが、この1杯に関しては五ノ神のレヴェル超えてますね。
気になる限定が出たら頑張ってくる甲斐があると改めて思えました。

no | 2014年9月3日 23:10

おはようございます。コメント亀ですいません。
かなり早くから並ばれたみたいですが、それだけ並ぶ価値のある一杯だったようですね!冷やしでこれだけ濃密に仕上げるのは難しそうですが、さすが名店ですね。自分は冷やし系のラーメンだと、どうも弱く感じでしまうことが多いんですが、これなら満足できそう。時間さえあれば行きたかったです!

poti | 2014年9月4日 08:31

potiさん>
並ぶのは苦なんですが、小説効果もあってがんばれました!
冷やしはやはり弱く感じてしまいますが、動物系より魚介の方が冷やしに向いているのと、なにより真鯵の量なんだと思いますね。1000円でも安めの価格設定なのだと思われます。うまかったです~!

no | 2014年9月4日 22:11