なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「坦々麺590円」@日高屋 柏西口店の写真家族で夕方に利用しました。平日18時半過ぎの入店で最初は空いていたのですが、後半かなり混雑していました。一人で晩酌をしながら本を読んでいるようなサラリーマンのおじさんが沢山来店していました。さて注文は、このお店では頼んだ事がない「坦々麺」をチョイス。お店の通常メニューの中では最高値メニューです。そう考えてみれば、中華料理店のラーメン系メニューの中では、ふかひれラーメンとか言うような高級食材を使用したメニュー以外で考えると、どのお店でも最高値は坦々麺であるような気がします。

 注文から9分くらいで登場!

 スープ:最初は何もしないで、薄そうな橙色の部分だけレンゲですくって飲んでみると、やっぱり薄めです。薄めですが坦々麺の味はするし、辛味もあります。その後でああそうかと思い立って、中央部分に固まっているひき肉部分をかき混ぜてみると、ひき肉が砕けて全体に赤味が行渡って、味がかなり濃くなりました。しかしそれでも、例えば豆乳を使用したりピーナッツをふんだんに使用して作るような濃厚坦々スープとは程遠い出来栄えでした。なんというか濃度の濃さが足りず。しかし辛味は十分にありました。

 麺:最初はやや硬めでした。中細い角ばった麺で、やや縮れてます。硬めだとゴムっぽい食感であんまり美味しくないですが、それでいて柔らかくなったところで必ずしも凄く美味しい食感に変化する訳ではありませんでした。麺量は130グラムくらいでそれほど多くは無いです。会計時に大盛無料券がもらえるので、それで次回は大盛にて注文するとより満足度も高まるでしょう。ちなみに大盛無料券が無い状態で大盛にすると70円も高くなってしまいます。

 具:ひき肉、ネギ、海苔1枚、チンゲン菜2枚など。ひき肉と一緒にザーサイ片も混ざっているような感じです。ネギはひき肉をスープに溶かし込んだときに居なくなってしまいました。海苔は麺と一緒にいただきます。見た目は目立っていましたが、口の中に入れると途端に大人しくなってしまい、あんまり分かりませんでした。最初からクタぎみの小さな海苔だったので、口の中に入れると余計に存在感が薄れてしまったのでしょうか。チンゲン菜はそれに反してかなり目立っていて、これを食べるタイミングをいつにするかは大いに悩むところです。

 坦々麺としてはそんなにレベルの高い代物ではありませんでした。しかし値段は安いです。このくらいの値段のラーメンの中ではそこそこ美味しい部類に入るかもしれません。しかし日高屋のメニューの中では、これよりも安くて同じくらいの満足度を得られる商品は他にあるので、今後は余り選択肢に入ってくることは無いかもしれませんが・・・辛いメニューが食べたくなった時には重宝すると思います。辛さだけは期待値以上の辛さがありました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。