なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
78

「味玉らーめん」@新橋 おらがの写真 午後イチの会議がキャンセルとなり、なんとか平穏な「昼休み」なるものにありつけそう。ちょっと気になっていた新店、新橋「おらが」へ(23日)。
 店の入口から中をのぞくと、7席のL字カウンターと狭い店内。先客は6名、カドっこの1席が空いていますが……両脇に迫られて丼すら置けそうになく、「永遠の空席」のようです。しかし、運良く先客1名と入れ替わりで入店。
 入口左手ブラインドサイドにある券売機、つけ麺系のボタンが多いのが気になりますが、とりあえず最上段の「味玉らーめん」(800円)をポチッとな。しばし、製造工程を見つめますが……麺ゆでに結構時間がかかる。加えて設備の関係で、注文が多い「盛りそば」は一人前ずつしかシメることができない……見送ったのは「盛りそば」2杯1ロットですが、それでもなんと12分待ちで、ようやく丼到着。
 では、スープを一口……これは結構イケます。瑞々しい油分を含んだ豚骨が前面ですが、これに融け合うようにカツオ主体の魚介出汁が深く馴染み、醤油カエシもシッカリ効かせて、絶妙のバランス。節粉、魚粉などコナに頼らず、ベーススープの段階で馴染ませた魚介系の「ナチュラル」な味わいが印象的です。ちょっとバランスは違うものの、「麺屋吉左右」に通じるモノがあると思いますが……言い過ぎかな。
 麺もいい。黄色い麺肌の弱くウェーブした中太麺。コシや喉ごしも言うことなし、さらに甘みも強く、多少「ドライ」な味わいのスープによく合います。具材は、大きな肩ロース・チャーシューにメンマと海苔、そして味玉。特に海苔の風味が、良質な魚介系にうまくマッチしますが、他の具材には特に特徴を持たせないスタイルのようです。
 ただし……問題は、ほとんど「生」に近い薬味のタマネギ。ブレかも知れませんが、甘みが少なく辛みの強い仕上がりで、スープ・麺のコンビネーションとは、明らかに合いません。火の入れ方や包丁の入れ方で全く味が変わってしまう、結構「ヤバイ」食材であるこのタマネギ。薬味をタマネギ一本に絞ったからには、なんらかの「メッセージ」があるんでしょうが……受け取り損ねました、ごめんなさい。しかし、このスープと麺はいいなぁ……是非「盛りそば」で、再挑戦させていただきます。タマネギぬきで。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

こんばんわ〜

プチお久しぶりでした。
最近 新橋界隈レビュー 多いですね。 参考にさせていただいてます。
ここも 狙っているのですが。。。
太太にやっと行けたので次回、行きたいと思います。

>ちょっとバランスは違うものの、「麺屋吉左右」に通じるモノがあると思いますが……
いやあ〜 興味津々でございます。

うこんさま | 2008年5月1日 21:14

こんにちはぁ〜

主要取引先が御成門にあり

頻繁に新橋駅界隈はうろちょろしております♪

>ちょっとバランスは違うものの、「麺屋吉左右」に通じるモノがあると思いますが……言い過ぎ>かな。
=>千日前さん同様、非常に気になります。
  早速チェックしてみます。

YMK | 2008年5月2日 14:50