なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン」@堀越軒の写真5/14 お昼に訪問。


 深夜勤終了後に思い立って藤岡へプチ遠征してみました。まあ、遠征というほどでもない距離ですが・・・。
 11時開店という情報を元に到着してみると、開店する気配はありません。お店の外で佇んでいたら、店員さんと目が合ったので、開店時間を確認すると「11時30分ころです」とのことです。時間もあるしどうしようかと思案していたところ、他のご婦人から「どうぞ」とのお言葉をいただいたのでありがたく入店させてもらったという流れです。
 ノスタな雰囲気が漂う店内に掲げられたメニューを確認すると、デフォの「ラーメン」は500円と低価格をキープしている模様です。そんな中からオーダーしたのが標記です。お値段はこれまた低価格な600円です。


 丼!!
 昭和の薫り満載なビジュアルです。

 基本となるスープは非常にオーソドックスなガラ主体です。合わせられた醤油ダレは深みのある味わいで、まさに懐かしき王道中華そばのスタイルと言えるのではないでしょうか。アブラ感はかなり抑えめで、非常に後味がスッキリとしているのが特徴的です。

 麺は軽くウェーブがかった中細麺です。これまたノスタな薫りを感じ、スープとの相性も良いです。普段は硬め指向なのに、やや柔な食感がまた嬉しかったりします。

 具はワンタン、チャーシュー、ネギ、ほうれん草、メンマ、なるとといったラインナップです。
 ワンタンは少なめのタネをゆるゆるとした皮で包んだものが多数投入されています。滑らかで啜り心地の良い食感はベリーナイスです。挽き肉の味わいが損なわれてしまっているように思えたのが少々残念なところかなとは思いますが・・・。
 そして期待を裏切ることなくモモ肉のチャーシューが搭載されています。ややパサながらじんわりと薄めの味付けが施された感じが何ともいえず良いのです。むしろここにトロ旨バラチャーなんかが載っていたらドン引きです。
 メンマの味付けも昔ながらといった感じです。
 なるとが2枚載っているというのは珍しいかも知れないですね。


 藤岡ラーメンの歴史を支えている老舗の一つです。
 時々無性にこんなラーメンが食べたくなるんですよね~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。