なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【3周年限定】上湯(塩)」@麺庵 小島流の写真[訪問時期] 2017年8月上旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 【3周年限定】上湯(塩)
[価格] 1300円
[出汁] 金華ハム+貝柱、海老/清湯
[味] 塩
[麺] 手揉み細麺(150g位)
[具] 牛ロース、チャーシュー、鶏チャーシュー、金華ハム、穂先メンマ、味玉、葱


★当日限定で提供されたメニューです。

★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12301088127.html

-------------------------------------------------------------------

小島流さん3周年のお祝いに、麺友さんたちと訪問。
3周年記念のメニューは「上湯」(シャンタン)限定100食。
最高級スープと称される上湯でも最も珍重されている、「金華ハム」を出汁取りに使った一杯を提供とのこと。
当日11時に繰り上げされた開店時、シャッターズは15名ほどで、開店後も続々と後を絶たない。
小島さんにお祝いを申し上げ、今日は流石にお忙しそうなことも有り、珍しくアルコール抜きで限定麺を注文。
醤油と塩から選択できると聞き、塩好きとしては当然そちらを選択した。

[本日のメニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003833962.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003834013.html

■ スープ
金華ハム、干し貝柱、干し海老を、丁寧に丹念に炊いたもの。
因みに金華ハムとは中国浙江省の金華市で特別に飼育された金華豚の、後ろ足だけを塩漬け熟成させたもので、パルマハム(イタリア)やハモンセラーノ(スペイン)と共に、世界三大ハムのひとつとされる。
その金華ハムを出汁取り用に使ってしまうとの太っ腹スープである。

独特の香りに先導されたひと口目は、上品な肉の旨味が奥底からじわじわと寄せてきて、海老の風味がフワリと余韻に絡む。
何かがブワッと攻めるでもなく、スープの本質に辿り着くまで少し時間を要する感覚なのだが、それはスープの深みがハンパないからだと直ぐに気付く。
小島さんが確りアジャストした穏やかな塩気、そっと寄り添う鶏油。
数口目からはもう虜状態で、中々レンゲを置けない。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003834054.html

■ 麺
このメニューのために小島さんの盟友「麺屋 六感堂」の店主さんが打った細麺。
茹でる直前に小島さんが丁寧に手揉みすることで、平打ち微縮れな形状に変わっていく。
こそばゆいランダム食感、確りめのコシ、チュルッと落ちていく喉越し。
なかなか美味しいし、スープとの相性も良かった。
麺量は150gあるかどうか。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003834203.html

■ 具
牛ロース、チャーシュー、鶏チャーシュー、金華ハム、穂先メンマ、味玉、葱。

通常使う豚肩ロース、鶏ムネ肉に牛のロースあたりも加えた、レアチャーシュートリオ。
料理人小島さんの手による肉だから、間違いなく美味しい。
刻んだ金華ハムをスープや麺と合わせ食べれば、強めな塩気の先にとてつもない旨味が待っている。
味玉はお祝いに持参した酒へのお返しだとかm(__)m

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003834211.html
[レアチャーシュートリオ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003834230.html
[金華ハム]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12301088127-14003834254.html

■ 感想など
終盤にかけて旨味も深みも増していくスープを、最後は丼を持ち上げ飲み干して終了。
当店の丼は傾けて飲み干しづらい形状なのだが、もう一滴も残したくなかった。
食べ終わった直後には、ちょっとセレブな余韻に浸る感覚だったかな(笑)

小島さん、3周年おめでとうございました。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:深み
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

どもです。
三周年おめでとうですが、もう五年くらい
やっている印象でした!
1度しか伺っていませんが、涼しくなったら
行きたいですね(^^)/

ラーするガッチャマン | 2017年8月13日 10:24

これは食べたかった〜〜 囧rz
ずいぶんご無沙汰してるので、
夜貸切でオジサンカイやりたいです。

| 2017年8月13日 10:29

としさん,どうもです。
清湯よりも上等なのが上湯なんですよね。
じわじわと寄せる旨味,堪能してみたい。
器は直接口を付けて飲み干せる形状が好きだなあ。

RAMENOID(時々) | 2017年8月13日 11:08

その節も昨日もお疲れ様でした。
そうそう、私のレポの下書きも、
じんわり、深み、奥行き...ですね(苦笑)
店内では呑みませんでしたが、
この後、某所で痛飲しちゃいましたね(笑)

おゆ (OG党総裁) | 2017年8月13日 11:12

いつもフレンチのような一杯で驚いているのですが、
こう言う基本形もきっちりとまとめてますねー。
なかなか、再訪問までに間が空いてしまいましたが、
こう言うの見るとやはり考えちゃいます。(^。^)

こんにちは
その節も昨日もお疲れ様でした②
素材を生かしたシンプルなスープは小島流ならではですね。
また、明日^^

mocopapa(コメ遅れます) | 2017年8月13日 14:06

こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
もう3周年なんですね〜
ジンワリ響くスープがたまらないですね〜

kamepi- | 2017年8月13日 16:01

こんにちは~
美しいスープでとても美味しそうですね~✨
この日は暑くて近場で麺活した事を後悔しています(^^;)

銀あんどプー | 2017年8月13日 19:01

こんばんは
金華ハムと貝柱のスープですか。
鶏油も合わさり見るからに旨そうです。
ここでは飲まなかったようですね!笑
・・・・

イケちゃん | 2017年8月13日 19:14

こんにちは。

上湯って言うのは存じていませんでした。
可也上級なスープっぽいですね。
昔、ナイタンスープの分析をしたことがありますが
今はそういうジャンルはないのかな??

ももも | 2017年8月13日 21:33

こんばんわー!
周年限定ゲットおめでとうございます!
ここまでの一杯でも大台届かずとは。
スープはもちろん、表題の為に打った六感堂さんの麺もメッチャ気になりますねぇ。
常連さんから記念品を贈られて店主さんもさぞかし嬉しかったでしょうね(*^^*)

塩対応 | 2017年8月13日 21:47

こんばんは。
金華ハムを出汁に使うとは豪華な一杯ですね!こちらは一度ゆっくり訪問してワインを頂きたいお店です。ここではアルコール飲めなかったみたいですが、Oさんのコメではこの後だいぶ飲んだみたいですね(笑)

poti | 2017年8月14日 00:01

お早うございます。

見た目から美味しそうですが、当日限定で提供は
既に終了してる様ですね。 
その味は、『終盤にかけて旨味も深みも増していく』との事。 
『もう一滴も残したくなかった』との気持ち伝わって来ますよ。

またぞう | 2017年8月14日 07:19

こんにちわ~

小島さんらしい一杯ですね~。

金華ハムに干し貝柱に干し海老、、
聞いてるだけで涎が垂れてきますわw

食べてみたかったなぁ~。

3周年ですか。
ボクは新規開業して間もないころ、お邪魔しました。
当時はガラガラでしたね。
すっかり人気店になりましたね。
良かったです。

こんにちは。

よくワイン飲まないで我慢しましたね(^_^)。
金華ハム、炒飯に入れると最高ですよね。

glucose(OG党副総裁) | 2017年8月16日 17:21