なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「蛤と牡蠣のSOBA(醤油)」@銀座 篝 ルクア大阪店の写真【酷く美味】
お昼時。
人で賑わうLUCUAの地下2階に、東京銀座からの刺客が大阪の麺食い達を、オープン早々に引きつけている。
「銀座 篝(かがり)」だ。
篝に来たのは、なんと2013年12月以来のご無沙汰だ。
外待ちは10名。
多分昼のピークタイムにしては、この並びは決して多い方ではないのだろう。
券売機ではなく、レジでの先会計スタイルが珍しい。
白い帽子と調理服を着た店員が厨房に2名。
東京の篝には無いメニューが2つある。
だしSOBAと蛤&牡蠣だ。
フォトジェニックはだしSOBAだが、牡蠣好きなので掲題メニューを迷わずチョイス。
澄んだ清湯スープには、蛤5つがゴロリ。
その横には美人顔の牡蠣コンフィが、鶏チャーシューベッドの上で寝そべっている。
その下方にある菜の花は、手放された抱き枕と言ったところだろうか。
スープを飲むと「追い蛤」しているからか、ドーンといきなりコハク酸の旨味が襲いかかってくる。
メニューボードには、蛤・昆布・魚介のスープという事だが、牡蠣の特徴のある旨味もバーンと口中に広がる。
シェルラー好きには、正にたまらんスープ。
寝そべった牡蠣のコンフィはオイル漬けなのかな。
金払うからあと10ケくらいオプション増しさせて欲しい。
三河屋の麺は角断面で、意外な事に加水率が高い。
菜の花は近く訪れる春を予感させ、ほろ苦さでアクセントをプラスしてくれる。
赤蕪と食用菊の花びらは単なる彩りだが、こういう一手間は受けがいいと思う。
別皿で出される薬味は、おろした生姜と柚子の2種。
後半にスープへ投入すると、柚子が特に爽やかな風味へ味変貢献する。
値段は¥1,000-と高いが、そんな事は全く気にならないクオリティ。
この大阪進出は歓迎すべきだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。