なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「マーボーつけ麺680円」@弥生亭の写真マーボーつけ麺戴きました。
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたサッポロ製麺(店頭には王子の本店でも使用している玉藻製麵の麺箱もありましたが、つけ麺は中太なのでこちらだそうです)製で、半透明な超多加水麺が喉元を通ると引っ掛かりもせずに滑らかに喉元を駆け抜けていく中太麺の醍醐味が味わえる麺です(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところで、マーボーなだけに半ライスが欲しくなりました)。
つけ汁は酸味が無い辛味とオイリー感と粘度が適度にある辛くて痺れる四川風ではない日本人向けの麻婆豆腐を清湯スープで軽く伸ばした甘辛の麻婆味で、片栗粉で溶いた「餡(あん)」が緩いので浸し易くこれぞマーボー味のつけ汁だと言わんばかりのご飯がすすむ君仕様にまとめられています。
具はメンマや叉焼は無く、注文する度に中華鍋で熱々に調理される多めの豚挽き肉と一丁分はある絹ごし豆腐がラーメン丼の中で泳ぎ長葱が散らされています。
つけ汁丼が大きすぎるので持って戴けませんでしたが、時折見つける豚挽き肉の塊があると何か得した気分になりますね!
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、軽い餡かけが麺に絡み豚挽き肉と共にズルズルっと汁跳ねしないように軽く啜りました。
スープ割は配膳時にミニやかんに軽く魚介風味がする清湯系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で絹ごし豆腐や豚挽き肉を掬いながら美味しく戴けました。
お店は先月に伺った王子の本店と以前は交流がありましたが、お互い年を重ね過ぎて今は交流はないそうです。

各種麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9082703.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。