なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌ラーメン 600円」@精養軒の写真みなさんこんにちは 小生 ○チャリと申す新参者だ。

【手打煮込味噌】

*店
数ある佐野市内のお店の中でも最古に類するコチラ『精養軒』さんへ定期訪問。
この日は夏休み期間ともあってお昼前にもかかわらず、カウンターを含めて全て満席、酷暑のため店内で待たせていただき、テーブル席に失礼した。
アタシは初実食となる表記、家族はセット、愚息はチャーハン、まさに予想通りなのだ。

*丼
約30分ほど待って到着した一杯は、炒め野菜にコーン、メンマがトッピングされる。

*スープ
表層に擦りゴマの層が形成されたスープは動物系出汁による下支えに味噌ダレが加わる。
醬油で感じる鰹の風味はないが、炒め肉野菜からのうま味が加わり十分なコクを備える。
塩分濃度が程好くグビグビが止まらなくなる類である。

*麺
不揃いの手打ち麺はやや柔目になっているが、粉の風味は味噌スープでも健在であり、味噌煮込うどんのような雰囲気さえ感じる。汗だくになりながら一気に食べてしまった。
うまい 手打 うまい

*具材
豚小間肉が多めに存在する野菜は炒め加減もよろしく、メンマやコーンの箸休めにも事欠かない。
佐野の手打ちでは珍しい煮込味噌が十分堪能できた。

*総評
メディアで取り上げられることはほとんどないが、地元では良質な老舗店として認識されている。
恐らくは息子さんであろう跡継ぎもいるので、今後とも伝統の味がいただける事がありがたい。
佐野を代表する一軒である事は間違いなく、「~系」などと最近の店を評している俄ラヲタを見ていると恥ずかしくて穴があったら入れたいのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。