なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺(中盛・油少なめ)550円」@中華料理 ひろしの写真つけ麺(中盛・油少なめ)戴きました。
2ヶ月余りのご無沙汰ぶりで12時過ぎのお昼ご飯時に伺ってしまい、カウンター満席のため外待ち数分してしまいました。
カウンター席に腰掛け待っていると小柄な大将から注文をカウンター内から何にするか促され「つけ麺・中盛・油少なめ」とお願いし数分後に着麺、本日は忙しいにもかかわらず麺同士のくっつき防止を指できちんと何口か分に盛られ、未だに製麵所が分からない角細ウェーブの麺を気持ちよく啜り上げました。(麺量:茹で前1.5玉の270g位で細麺なので膨張率が低く腹8分目といったところで、14時迄は麺類・ご飯物の大盛サービスです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな清湯魚粉系醬油味で、今回も油少なめにしてあるのでカエシや清湯スープや魚介出汁の味が直接味わえいい感じです。
具は濃いめに味付けされた細メンマ10数本とホウレン草と海苔1枚と本日はお箸で持てる巻きバラ叉焼1枚と本日も包丁の技が冴える飾り包丁入り茹で玉子半分1個が麺の上を回るように綺麗に配列されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、いつもどおり細麺に魚粉と共につけ汁が絡みツル・ツル・ジュルっとテンポよく啜れました。
スープ割には清湯スープとW葱(長葱・青葱)も追加され、プラスティック製の白い蓮華でシャキシャキ葱を掬いながら美味しく戴けました。
これで6回目の訪問ですが。本日のBGMは「ヒロシです。」で流れているペピーノ・ガリアルディの「ガラスの部屋」ではなく、TVで「漆」の特別番組が放映されていました。
「中盛」はブルー絵皿なのか、ホウレン草のグリーン・海苔のブラック・茹で玉子のイエローで色彩も豊かになり別の面でも楽しめました。

他にもいろいろ⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9250235.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。