なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:10頃訪問。先客無し後客1名。店内は奥に向かって細長い間取りとなっており、長いL字型カウンターのみが設けられている。場末のスナックのようなうらぶれた雰囲気だが、気になるような不潔感等は無く、居心地は悪くない。店主さん1人による切り盛りで、柔らかい感じの接客が実に好印象。

本メニューを選択。少し待って配膳された。

スープは、醤油の色目が割と強めに出た美しい色合い。表層を程々の量の液体油が覆い、その煌きが美しい。
飲んでみると、鶏のコクと旨みが丹念に抽出されており、クセや雑味の排された芳醇な出汁感を大いに楽しめる。
タレは割と強めに立っており、上質の醤油感が口中に豊かに広がる。必然的に塩分濃度もやや高めだが、トガり過ぎる事は無く、文句無しのキレとヒキを生み出している。仄かに感得される甘みも味わいを深めており絶妙だ。
終盤、カウンター上に唯一設置された味変アイテムのミル付き白胡椒を使用。黒で無く白胡椒のミル付きというのが珍しい気もするが、味を引き締めて非常に良い味変になってくれた。

麺は、多加水のストレート中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。表面の平滑性と、噛み切る際の適度な抵抗感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹感が得られた。

具として、チャーシューは、低温調理によるロース肉が1枚。大判でしっかりとした厚みを有するもの。柔らかくジューシーに仕上げられており、良質の素材を生かすべくの控えめな味付け。文句無しの満足度だ。
味玉は黄身トロりの仕上がり。濃厚な味付けが施されており、非常に美味。
メンマは太く短いものが2本。コリコリ&サクサク食感が心地良い。味付けも丁寧で、非常に良い箸休め。
丼の端に浮かべられるワカメは少量なので、全体の調和を壊していない。風味をしっかりと楽しめる。
その隣の刻まれた水菜と青葱は、風味と食感の両面で良いアクセントになっている。

オーソドックスな方向性ながら、細部に至るまでキッチリと丁寧に作り込まれた上質の一杯に文句無し。紛れも無い実力店だ。立地が良ければ客入りが劇的に良くなりそうな気もするが、今の隠れ家的雰囲気も味があって非常に良いと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。