なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「アサヒスーパードライ生中 → 冷やし担々麺」@なんつッ亭 御徒町店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/07/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/V-u25iK0SpU

<ホゲーっと過ごす雨の休日・・・辿り着くのはラーメン横町>
 
 雨降ってたからかなー・・・JR線路のガード下になってて雨が避けられる店は行列発生中(赤いブランド)。横町全体で盛り上がってもらいたいよね。もっともこのエリアは、平日の方が稼ぎ時でどの店もそこそこ入ってるイメージし、通し営業は本当にありがたいです。
 
 
 
 
<ビール> アサヒスーパードライ生中ジョッキ!定番の昼酒あおって憂さ晴らし
 
 休日の過ごし方・・・ラーメン屋でビール!。どうして家で飲むより外のビールは旨いのか。そしてラーメン屋という好きな空気感の中で飲むビールは、どうしてこうも格別なのか。今年の梅雨は気温が上がらなくて過ごしやすいのもあるが、どんな時でも飲む時の気分は真夏の晴れ気分!。
 
 
 
 
<全体> 辣油を感じる「なんつッ亭」!実は限定得意なブランドなのだ!
 
 おおお!何気に宣伝写真よりも旨そうに見えるのはなぜ?。きっちりと盛り付けに整然さとボリューム感を備えているからでしょうか。整ってるし食い応えありそうなんて嬉しい出会いじゃないですか。何と言っても挽肉の多さと艶やかさが目を惹きますし、ネギ山だってちょっとした追加料金レベルの盛り上がり。薄いファンデーションのような胡麻スープには、明るいルージュを引いたような辣油が漂う。そしてこの価格で味玉がデフォルトで入っているところなんて・・・とてもサービス性を感じます。
  
 「なんつッ亭」といえば個人的にはマー油がイメージ。ところが辣油イメージの麺顔。実はこのブランドは頻繁に季節限定を継続的に提供し続けており、商品開発も器用なんだよねー。フツーだと違和感をお持ちになるやもしれませんが。
 
 
 
 
<スープ> サラサラしてるようでどこかまったり・・・胡麻ダレに追随する深い甘み!辣油に続きニンニクも溶ける
 
 早く挽肉に手をつけたいところを少し辛抱して、まずはスープ。ベースの白い部分を味わうと、嗚呼やっぱり期待通りの胡麻ダレ風景です。そしてサラサラとしてるイメージの中で、どこかしらポタポタと粘るような感覚。有無は別として豆乳感覚ではありません。胡麻味噌と言うとピュアな芝麻醤を連想しがちですが、胡麻とは別の甘みの広がり?を感じたことから、ひょっとしたら白味噌が溶けているのか??。それとも豚骨でしたーなんてことだったら、自分を嗤うしかないんだが・・・。
 
 独特なコクを感じさせるのは、やはり挽肉感覚。ここから滲み出る旨味が、やっぱりスープにも深く影響を与え、肉を炒めた時の調味料(特に醤油系)のエキスがじっとりと滲み出します。そしてそれに辣油のシャープな辛さが加わり、しっかりと担々麺の旨さを表現してくれます。
 
 あと実はニンニクが効いている。胡麻味噌の風味と辣油、そして挽肉の旨味に集中し過ぎて見逃していたんですが、食った帰りの中央線で眠気のあまりに大あくびしたところで、自分の匂いで気がつきました(爆)。なんだよ・・・どうせ臭くなるんだったら、食ってる最中に生ニンニクをはっきりと投入しておくべきだったわー。
 
 
 
 
<麺> いつものストレート細麺が妙に合う!少し引き締まり強く風味がアップ!固過ぎずプツプツと切れ込む快感!
 
 おそらくいつものレギュラー麺。普段は濃厚な豚骨醤油とマー油にまみれて、しっかり受け止めた旨さを発揮してますが、こちらでも性能は十分発揮。辣油や挽肉という個性的な素材にまみれても、風味を淡く感じさせる他、歯ごたえの楽しさを与えてくれます。
 
 冷やし麺ならではの、ギューっと引き締まったカタさも好きだが、ほどほどで引き締まってプツプツと小気味よくリズミカルに切れ込むのもいいね。一見明るい表情なので多加水のように思うが、やはり前歯を当てた時の軽い風味感がいいね。冷やしにするとこの風味感が増すのも、好きなところです。キッパリとしたストレート麺の割には、挽肉を微妙に引っ掛けてくれるし、担々麺としても食べやすさ感じる細麺。非常によくできたオールマイティな麺ですな。
 
 
 
 
<挽肉> とても馴染み感じる・・・甘めの麻婆にも通じる肉味噌感覚!熱々で旨し!
 
 挽肉は担々麺!って感じもするんだけど、どこか別の馴染みある旨さを感じます。ネギも一緒に炒めらたようで、ねぎ独特の旨味も混じる。肉粒も割と大きめで暗に絡んだようで、醤系の滲んだ深い茶色も非常に旨そう。
 
 時々辣油と深く混じったりして、そんな部分をガジるとどことなく麻婆豆腐の肉粒肉餡に似てる?と思わせてくれる。こうなったら・・・白飯へ乗せて食いたい衝動なんだが、今回は白飯・飯割は自重。最近、酒もそうだが飯も食い過ぎで、夏太りならぬ梅雨太りになりそうだから(爆)。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 濃ゆいタレにあってもシットリ感じる卵黄の深み!辣油に負けない滋味深さ!
 
 定価850円のこのメニュー。これで味玉がデフォルトだから実にお得感ありますな。そして味玉の質感も悪くないときている。薄口な醤油ダレが深く浸透しているのが伺え、手間と時間もかかってる感覚。卵黄はタレ浸透で飴色にも似たオレンジカラー。周囲は少し熱入った風合いだが、中心部はトロっとしておりジェル状の濃密さをキープ。食うと舌の上にまとわりつくような深い旨味です。辣油に混じっても卵黄の旨さのアピールが勝ち。嗚呼、今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
<具材他> 白髪ネギと水菜にかかるのは・・・実はマー油?
 
 残る具材は白髪ネギと水菜のみ。案外シンプル。フツーに麺に絡めて食いきりますが、実はここに多少のマー油が掛かってるようです。最初胡椒かと思ってました。特に白髪ネギとマー油の組みわせはテッパンの安定でして、少しこれを摘んではビールを喉に流し込んだり・・・。ま、ネギ大好き「ネギ星人」なオレとしては、こよなく愛すべき薬味です。旨し!。
 
 
 
 
 総じまして「男の無骨感!ワイルド感封じの繊細さ!ガッツリ感が淡く滲む冷やし担々麺!」と言う感想。こってり感や男性的イメージがあるこのブランドですが、春夏と繊細な限定も出してるためか、女性客も定着してる感じ。これは今後も出し続けて欲しいなー・・・個人的には品川店でも利用して今後食いたいし。愛すべき定番限定メニュー。そんな期待と応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   休日の
   雨に暇して
   なんつッ亭
 
 
 
   濃ゆく円やか
   うまいぜベイビー
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです。
ラーメンの前のビールは格別ですね!
此方では青葉さんに行っちゃいますね(^з^)-☆

ラーするガッチャマン | 2019年7月16日 07:34

>休日の過ごし方・・・ラーメン屋でビール!。どうして家で飲むより外のビールは旨いのか。

よーく分かります 笑

でもたまにはご家族とご一緒にね!

>行列発生中(赤いブランド)

これ絶対、蒙古タンメンだよ(笑)

続いてますね、冷や担。
僕は漸く冷やしモードです。

二三郎 | 2019年7月17日 06:39