なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「牛と鶏の白湯蕎麦【限定】 台湾風煮玉子」@渡なべの写真限定狙いで来ました!

「牛と鶏の白湯蕎麦 台湾風煮玉子」を注文し配膳されると、茶色メインの渋い盛り付け。
最近茶濁系ばかり食べてるなぁ…、まいっか。

いただきます!
スープはややトロみのある牛鶏白湯、やや重めなコクのあるスープ。この重さは悪い意味でなく牛を上手く重量感ある味に仕上げているなぁという意味で。
サッパリ系の牛は今やどこもオシャレ系なラーメン店がやってる気がするので、この綺麗めに寄せてない味が良いです(笑)
振りかけられたフライドガーリックがとても合う薬味で、スープに更にジャンクフード的な粗野なパンチを与えていますね。
うーんこれ辛味が半端無く合いそう、いずれ辛いバージョンもやって欲しい。

麺はややグンニヤァ~とした噛み心地が武骨なスープに合って、無化調なのに化調ジャンキーな雰囲気を醸し出していてグッド。

具はチャーシューが牛である事がスープとの統一感があり嬉しいですね、硬めに仕上げてあり噛めば噛む程旨味が出てくる半ジャーキータイプ。絶妙に心地よい弾力と八角の香りが東南アジアを思わせます。
台湾風煮玉子も最高でしたね。最近はどこも均衡してきた味玉の味に興味無くなっていましたので、こういう新たな味は最高に嬉しい発見。黄身までカッチリ茹でられた玉子に甘口醤油ダレがしっかりと染み込んでいる、香りは八角の利いた風味でこれが甘めな味付けと実に良く合う。流行りの味玉の様に黄身が流れ出ないから何回かに分けて食べられるのも、チマチマ楽しみたい大人にはまた良いのです。

あえてなのか偶然か、時代に逆行するスタイルが良いですね!
右ならえのどこも美味しいどこも一番な豊食の世の中も良いのかもしれないですけど、私はこういう我が道を進むスタイルのお店が好きなんだなぁと改めて実感しましたねぇ。
日本各地のラーメンから着想を得て独自に作り上げた温故知新の味、しかし決してただのコピーでは終わらない。
こういう限定が食べられるこちらはとても好きなお店です。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

こんにちは☆

無線の番号かと思いました(笑)
この一杯、とても気になる麺顔です!
オリジナリティ溢れる一杯ですねー。
きっと、敢えて今風にならないような確信的なものな気がします。

ノブ | 2019年9月18日 14:38

ノブさん、コメントありがとうございます!そう感じるのですけど、渡なべさんの場合はそういう狙いよりも今個人的ブームな物を取り上げてる可能性も高いので言い切る形は避けました(笑)我々消費者からするとそういう風に感じますが、案外飄々と「これいいんじゃない?」ってノリで作られている感が強くて。だからこそ競争や区別化とは違う、自然体で張りつめていない美味しさがいつもここにはあるのかなーという味です♪

お汁(大忙し) | 2019年9月18日 22:51